SHIRO ☆ SMILE

_________ photography / sweets / aroma

アロマテラピー検定1級に合格する為に / 試験対策と勉強法とコツ < aroma therapy aeaj >

タイトル <  https://shirosmile.hatenablog.com >

 

 

 

 

 

アロマテラピー検定1級に合格! *

 

アロマテラピー検定に興味があれば知っておきたいこと

 

先日AEAJから大きめな封筒が届き、ドキドキしながら中身を確認。

「合格」のお知らせでした(*^▽^)/★*☆♪

嬉しいです。独学で合格できました。

(合格証と共に上位資格の案内とアロマテラピーマガジンが送られてきました)

 

そこで、これから受験を考えている方の為に、アロマテラピー検定について実体験をまじえてお話していきたいと思います。

ご参考になればと思います(^-^)

 

  

 

香りで美しい瞬間を記憶する、自分の為に大切な人の為に。

 

 

 

人生の思い出を彩る香りの魅力を多くの方が知っています、その世界を広げましょう。

 

 

アロマテラピー検定

 

今現在、アロマを楽しんでいる方や興味がある方々いらっしゃると思います。

特に最近は加湿器やアロマディフューザーで比較的気軽に好きな香りを試せます。

素敵な香りで心身ともに癒されるとても魅力的なアロマです。

 

では「アロマテラピー検定」とは何なのか?

 

日本アロマ環境協会(AEAJ)主催の検定試験 になります。

 

主催のAEAJではこのように記しています。

 

アロマテラピー検定とは、アロマテラピーの効能が、家庭だけでなく、ビジネスシーンや医療・介護の現場でも注目されるようになり、安全に実践できる知識がますます求められています。アロマテラピー検定で基礎知識を習得することにより、さまざまな場面で植物の香りを役立てられるようになります。また、さらに学びを深めることで、アロマテラピーのプロフェッショナルを目指すこともできます。」

(公社) 日本アロマ環境協会 | 検定・資格 | アロマテラピー検定

 

↓体のなかからスキンケア

↑気になるムダ毛をケア

 

 趣味のアロマを通じて仕事やボランティア活動に繋げたり、逆にアロマに興味があるけれど始めるきっかけが欲しいときの入り口にしたり。

 

より正確な知識で安全にアロマを楽しむ為に活用できることになりますね。

 

では、アロマは香りのことですが、アロマテラピーとは何でしょうか?

 

↑最新ビタミンC誘導体はこちらから

 

 

www.instagram.com

 

アロマテラピーとは

 

AEAJでは以下のように記しています。

 

アロマテラピーとは、花の香り。フルーツの香り。森の香り。植物の香りは、私たちの心や身体にさまざまに働きかけます。アロマテラピーは、植物から抽出した香り成分である精油エッセンシャルオイル)を使って、心身のトラブルを穏やかに回復し、健康や美容に役立てていく自然療法です。」

 

(公社) 日本アロマ環境協会 | アロマを楽しむ | アロマテラピーとは

 

私的に言うと、素敵な香りで美容と健康の為に自分や大切な人を癒すこと、ですね。

 

 

↑おなかのスキンケア

 

具体的な検定や資格

 

AEAJ主催のものとして、アロマテラピー検定2級、アロマテラピー検定1級、アロマテラピーアドバイザー、アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクター、アロマブレンドデザイナー、アロマハンドセラピスト等があります。

 

入り口としてはまずアロマテラピー検定を受験することとなります。

 

そして、アロマテラピー検定1級に合格するとさらに他の資格取得に向けて動き出せるという流れになります。

 

 

 

並行して受けられる他の関連した検定としては環境カオリスタ検定と、新設されたナチュラルビューティスタイリスト検定があります。

 

こちらも楽しそうですね。興味があります。

 

AEAJによる説明はこうです。

ナチュラルビューティスタイリスト検定とは、大地に根づき、過酷な環境変化を乗り越えて生き続ける植物には、外的ストレスに対応する強いチカラがあります。ナチュラルビューティスタイリスト検定は、そのチカラを学び、旬の野菜やハーブ、睡眠や呼吸法などのカラダの内側からのケア、スキンケアやヘアケアなどカラダの外側からのケアに取り入れて、植物のチカラで、美しく健康的に輝く人を目指すための検定です。」

 

(公社) 日本アロマ環境協会 | 検定・資格 | ナチュラルビューティスタイリスト検定

 

↓心のリフレッシュ

 

www.instagram.com

 

アロマテラピー検定受験に向けて準備

 

まずは受験勉強の為にテキストが必要です。

 

公式テキストがありますので、それひとつで内容的には充分です。

これで勉強すれば独学で合格可能です。

 

他に関連参考書籍として数種類ありますので、それらで勉強する方も多いようです。

 

おすすめは公式テキスト&参考書です。

 

理由は、まず公式テキストは「公式」なので精神的にちゃんとしたもので勉強しているという安心感があります、これは初受験に向けて頑張る人にはかなり重要です。

 

そして予算的に大丈夫なら参考書も使いましょう。

 

イラストや説明の仕方にそれぞれの工夫がありますので、より覚えやすく勉強できるメリットがあります。かなり参考書としてのデザインに差がありますので2冊以上に目を通すとより理解しやすくなります。本屋さんにだいたいありますので使いやすそうなものを選びましょう。

 

 
 
重要な注意点がひとつ。

 

最新版の参考書を選びましょう。

 

公式テキストは時々改訂されています、検定は公式テキストの中から出題されます。

参考書は発売時期によって必ずしも最新に対応しているわけではないので注意してください。

 

↓上質なタオルで肌に優しく

 

www.instagram.com

 

 

 

そして次に、精油(エッセンシャルオイル)のサンプルセットが必要です。

 

これは検定の香りテスト用のものとして出題範囲の精油がセットで発売されています。

勉強用として小さなサンプルサイズです。

 

金額的にセットはかなり割安になっているのでこちらを購入しましょう。

 

私はどうせ使うならと個別に単品精油を探しまくりましたが、合計金額がとても高いです。

 

検定以外に使うためには好みのものだけを厳選して買いましょう、もったいないので。

 

↓本格スキンケアをはじめるならこちらから

 
 
ここでも重要な注意点がひとつ。

 

精油(エッセンシャルオイル)は経年劣化と揮発性があります。

 

古いものは劣化で香りが変わっていますので検定の勉強に使えません。また、古いと揮発してほとんど精油が容器のなかに残っていないことがあります。

 

アマゾンの中古出品者やフリマアプリの利用者も多いですが、受験勉強に役立てるために必ず確認しましょう。

 

 

最新新品テキストと精油セットはAmazon等の通販サイトや本屋さん、生活の木などアロマショップで取り扱っています。

 

 

 

ちなみにアロマテラピー検定受験に向けたスクールや通信教育も存在します。そちらで勉強される方は教材セットが用意されていると思います。

 

私は独学でアロマテラピー検定1級合格出来ましたので、同じように独学で頑張りたいという方やスクールにプラスして自習も頑張りたい方のご参考になればと思います。

 

↓肌に触れるから農薬に気をつけて

 

テキスト(参考書)と精油セットが揃ったら

 

受験に向けて勉強開始です。

 

アロマテラピー検定は試験日と申込期間がAEAJのホームページや公式のポスターやパンフレットで公開されますので、最新のもので自分が受けられるタイミングを確認しましょう。

 

受験料は6480円です。1級も2級も同じ金額です。

 

ちなみに両方同日に受験も可能です。

 

支払い手続きや申込期間、受験場所をしっかり確認して受験資格を取りましょう。

(公社) 日本アロマ環境協会 | 検定・資格 | アロマテラピー検定 | 受験要項・申し込み

 

試験は年2回各都市でマークシート式問題で行われます。

 

 

↑強く美しい素肌をめざすなら

 

 

www.instagram.com

 

 アロマテラピー検定の試験の本番

 

アロマテラピー検定に申込が完了したら自宅に受験票が送付されます。

 

ご自身の試験情報の詳細はそこに記載されていますので確認しましょう。

 

試験当日は受験票と筆記用具を持って試験会場に向かいましょう。

 

ちなみに私の場合は最寄り駅から直通の特別バスが沢山用意されていて会場への行き帰りはバスにぎゅうぎゅう詰めでした。

 

↓上質なスキンケアを試してみるならこちら

 

 

受験人数が多いので分かりやすいです、その代わりトイレは大変混みますので時間調整にご注意ください。

 

会場では受験票情報で自席に着きます、各教室に案内&監督係がいらっしゃいますので不安なときは確認しましょう。

 

私の教室は男女比は4:6くらいでした。事前情報では女子ばかりだと聞いていましたが結構男子もいました。

 

 

 

1級か2級どちらかなら特に食事は要らないです、教室に入り試験開始時間まで自習して待ちます、ほぼ全ての人がそうしています。飲食は教室内禁止です。荷物は足元に置くので少ない方が良いです。

 

時間になると注意周知があり、問題と解答用紙が配られ、香りテストの精油が二本配られます。

 

そして試験開始。

 

 

 

まずエッセンシャルオイルの種類を四択から選びマークシートに記入、そして精油が回収されます。

 

続けて筆記試験を進めていきます。特に考えて答えるものはなく、覚えているか分からないかのタイプの問題ばかりです。注意点は、答えるものが正しいものか誤ったものかどちらなのかが混在してますのでよく読みましょう。

 

香りテストは特に配点が高いようです。歴史の問題は比較的少ないですが確実に覚えてないと正解できないですね、選択肢に歴史キーワードがごちゃまぜで出てきます。一番多いのは精油のプロフィールとアロマに関する注意点の分野です。地球環境や嗅覚に関しては一般常識の分野だからかあまり出なかったです。

 

 

 

はっきり言ってかなり時間が余りますので、丁寧に答えていって大丈夫だと思います。

 

私は何度も見直しをしても30分以上余りました。時間をかけて答えを出すものがないので、わかるわからないでぱっぱと答え進んでしまいます。

 

マークシート方式なので解答欄がずれないように注意しましょう。

 

 終了時間になったら問題解答用紙両方を回収されて解散です。

 

帰りもトイレとバスは長蛇の列です。

 

 

今はツイッターでみんなツイートしますので、試験後に感想をつぶやいてツイッタランドで親近感がわきます。

 

香りテストの答え合わせも試験後にツイッターアロマテラピー検定と検索すれば多数決でだいたい分かります。

 

そして、約一ヶ月後に試験結果が送付されてきます。

 

↓気になる臭いをさっとケアするなら

↑心のリフレッシュのご参考に

 

www.instagram.com

 

 

具体的な試験勉強の方式とコツ

 

勉強は大きく3つに分かれます。

香り記憶知識暗記練習問題です。

 

まずは香りの記憶の勉強から見ていきましょう。

 

これは何かと言うと、アロマテラピー検定には香りテストというものがあります。

 

 

 

これは試験当日に配布される、サンプル精油2本の香りの名称を答えるものです。

 

毎回2問出題されます、暗記して答える筆記試験だけでは無く、実際にアロマをかぎ分けるテストです。

これは他の検定試験にはなかなか無いユニークなタイプですね。

 

本当にアロマテラピーに興味があり意欲のある方はむしろ楽しんで勉強できる要素かもしれません。

 

 

 

逆にその為、試験を受ける目的によっては、はじめから捨てている(この勉強はしない)人もいるようです。

 

しかし、この問題は全体の問題数からすれば少ないですが、特別に配点が高いという話をよく聞きます。

 

確実に合格したいと思うなら香りの勉強もしておきましょう、結構楽しみながら出来ます。

 

 

 

具体的にはこの検定試験用に用意され、市販されているアロマエッセンシャルオイルのセットがあります。

 

もし検定用にスクールに通っていたり通信教材を利用している場合は、テキストなどの教材セットに対象精油も含まれているはずです。

 

ご自身が受ける級のセットを手元に用意して、ひとつずつ香りを嗅いで、精油の種類を確認していきましょう。

 

 

試験範囲の香りには、これまでの日常生活で親しんでいるものもあるので、ご自身が特別に分かりにくいと思う精油を重点的に頑張りましょう。

 

例えばレモンやグレープフルーツ、オレンジスイートなどは分かりやすいと思います。ジュースやスイーツそのままの香りです。

 

他に全く聞いたことのない名前の嗅いだことのない匂いもあると思います。

 

そこは知識の勉強と平行して順に知っていきましょう。

 

 

www.instagram.com

 

 

精油のプロフィールを確認しながら、種類別に分類して、似ていると思う香りを意識し、嗅ぐ回数を重ねて、違いを認識していくのが良いです。

 

よく言われるコツとしては、匂いのイメージは個人的なものなので、自分がパッと感じる分かりやすい印象で覚えていって大丈夫です。

 

やっぱり自分がいい匂いだと感じるものと、逆に臭いと感じるものはインパクトがあるのですんなり覚えられます。

 

私はユーカリティーツリーが特別に苦手で、嗅いだ瞬間にうわっとなるのでほぼ嗅がずに試験に挑みました。

 

 

 

ある程度慣れてきたらですが、公式テキストの精油のプロフィールと写真を見ながら一緒に嗅ぐと、より実際的な認識ができるので、知識と合わせて勉強の仕上げが出来てオススメです。

 

 

大切な注意点ですが、何種類もの精油を長時間集中して嗅ぐと、ストレスと重なって体調をくずす恐れがあります。

必ず一定時間たったら、空間の空気を入れ替えてリフレッシュしましょう。

 

ちなみに連続して様々な香りを嗅ぐときは、間にコーヒーの香りを嗅ぐことを挟むと、嗅覚的な切り替えがしやすくて良いらしいです。

 

 

次に知識の暗記です。これは公式テキストを中心に参考書なども組み合わせて読み込んでいきましょう。

 

ネットで体験談などを見ると一読すれば充分とか三日で覚えられるとかいうことも書いてあります。

 

もちろんそれでオッケーという方は良いですが、確保できる勉強時間は人それぞれですので、ご自身が納得できるだけの時間をかけて勉強し、検定試験に出来るだけ不安無く望めるようにしたいですね。

 

 

 

勉強時間のアンケートなどを見ると、詰め込み勉強出来るなら約2週間、平均的には1ヶ月から3ヶ月が多いらしいです。ただ覚えるまでの時間はアロマの経験などを含めて個人差が有ります。個人的にはテキストを5から10回読めば大体は大丈夫かと思います。

 

 

www.instagram.com

 

 

検定試験範囲の概要

 

アロマテラピーの概念と精油の物質的特徴

アロマテラピーのメカニズムとして心身作用と人体機能の生物学的特徴

精油の作用と製造法

精油の種類と図鑑的プロフィールの暗記

安全で正しい使用法

アロマテラピーの利用法の種類と道具と注意点の暗記

心と体の健康に関するメソッドの暗記

アロマテラピーに関する歴史の流れと人物と著作物の暗記

地球環境とアロマテラピーの関連概念

アロマテラピーに関する法律の理解

 

上記のカテゴリーの内容を基本的には全て暗記することがアロマテラピー検定の勉強です。

 

他に香りを覚えることと精油コスメなどの製造の為の濃度計算式の暗記と計算が加わります。

 

実際の試験内容はキーワードがごちゃまぜになった選択式なので覚えていれば正解が分かりますが、覚えていなければ考えてもわからないです。

 

勉強期間が数日だけで大丈夫とうたっているネット情報もありますが、暗記量が多いので尋常ではない記憶力がないと数日で合格は無理だと思います。

 

テキストや参考書が一冊の本にまとまっていますので、覚えるまで繰り返し読むことが一番の近道です。

練習問題や一問一答は覚えきってなければやる意味はないと思いますが時間がある方は試してみてもいいかもしれません。

テスト形式のものを間違えたところを繰り返しやるというのは他の試験勉強なら有効かもしれませんが、これでは時間のむだ使いです、最初から正解を書き込んでそれを暗記する方が有効です、それよりテキストを読んで覚える方がさらに有効です。

 

アロマテラピー検定1級に合格したら

 

AEAJ入会・アロマテラピーアドバイザー認定講習があります。

より上位の資格に興味があれば、まずはここがスタートラインとなります。

アロマテラピーアドバイザーになると、趣味のアロマから社会的にアロマを仕事やボランティアとして扱える魅力があります。

 

AEAJへの入会は検定を受けなくても可能です。入会のタイミングとしてはアロマテラピー検定後が最も多いようですね。

入会し会員になるとアロマ関連の特典がいくつもあります。

一般的なショッピングもアロマ関連を扱っている該当のお店で割引やポイント加算などがあります。

生活の木やエンハーブ、mark&websなどの駅ナカのショッピングセンターにも多くあるので便利そうです。

 

アロマテラピーアドバイザー認定講習は、アロマテラピー検定1級を合格すると受講が可能になります。

これは全国のアロマ教室で実施しているものと、AEAJが会場を用意して実施するものとあります。

AEAJ実施の講習は申し込みと実施日時が限定されていますので、ご自身のタイミングに合わせられるか確認しましょう。

((公社) 日本アロマ環境協会 | 検定・資格 | アロマテラピーアドバイザー)

 

認定講師が在籍するアロマ教室やアロマスクールでは、より細かなスケジュールで実施されています。エリアや日時は調整しやすいでしょう。

 

AEAJ入会とアロマテラピーアドバイザー認定申込みは同時タイミングでも可能ですので、入会前でもアロマテラピーアドバイザー認定講習は受けることが出来ます。

 

私はアロマテラピー検定1級合格の通知を頂いてすぐにアロマテラピーアドバイザー認定講習を受講しました。

 

 

アロマテラピー検定合格後 / アロマテラピーアドバイザーになる為に < aromatherapy advicer > - SHIRO ☆ SMILE

shirosmile.hatenablog.com

 

一緒にアロマテラピーを楽しみましょう。

 

 

  • エステサロン・アロママッサージ

 

 

 

 

続く

 

 

 

 

shiro

 

 

↓脱毛・スキンケアのオススメ特集 

 

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

 

shirosmile.hatenablog.com

 

 

 

 

 

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

 

 

 

↓東京・横浜のタピオカおすすめ特集

 

 

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

 

 

美肌スキンケアを考える→

 

初・オーガニックのスキンケア < organic skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

ヘパリン類似物質 ヒルロイド < heparinoid / hirudoid / skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

高濃度ビタミンC リポスフェリック リプライセル 〈 lypospheric / lypricel / vitamin c / skincare 〉 - SHIRO ☆ SMILE

 

美肌になるために / 有効なスキンケア・サプリ・食べ物・化粧品は / 美肌成分のランキングに必ず入るVC < skincare vitamin c > - SHIRO ☆ SMILE

 

深紅のザクロ / スキンケア / 女性ホルモン / アロマテラピー < skincare aromatherapy > - SHIRO ☆ SMILE

 

美しいローズウォーター / 美肌スキンケアに / 華やかな香りに癒される < skincare rosewater aromatherapy > - SHIRO ☆ SMILE

 

初・脱毛 / 光脱毛・ワックス脱毛・医療脱毛・家庭用脱毛機・VIO脱毛・ハイジニーナ・除毛・抑毛 <hair removal> - SHIRO ☆ SMILE

 

脱毛の肌荒れ / 肌トラブル / 対処法 < hair removal skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

セラミドにアプローチのスキンケア < 米肌 maihada ceramide > - SHIRO ☆ SMILE

 

光脱毛の新しい機械・バイマッハ < hair removal bymach > - SHIRO ☆ SMILE

  

ローズウォーターの美容 / 美肌 / 美髪 / 癒し < rose water skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

アロマオイルマッサージ・エステ < aroma oil massage > - SHIRO ☆ SMILE

 

アロマオイルマッサージ・エステ・DDS・中国系 < aroma oil massage china > - SHIRO ☆ SMILE

 

アロマオイルマッサージ・エステ・完全個性 < aroma oil massage > - SHIRO ☆ SMILE 

  

セルフネイルの方法 < マニキュア ネイルポリッシュ > - SHIRO ☆ SMILE

 

美肌をめざすスキンケア・洗顔・合成界面活性剤・固形石鹸 < skincare soap organic > - SHIRO ☆ SMILE

 

 

 

美容・フォトを検索 ↓

 

<  https://www.google.co.jp/search?q=site:https://shirosmile.hatenablog.com&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja-jp&client=safari  >

 

美容・フォトを検索 ↑

 

 

 

 

↓スキンケアのご参考に

 

 

 

↓おすすめのスキンケア特集

 

 

 

↓脱毛サポートに大切なスキンケア特集

 

↓体のなかからキレイを目指す特集

 

 

フィルムカメラのオススメ

 

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

 

 

↓気になる体臭のケア特集

 

脱毛の肌荒れ / 肌トラブル / 対処法・治療法の保湿スキンケア < hair removal skincare >

タイトル <  https://shirosmile.hatenablog.com >

 

 

 

 

 

*脱毛・除毛における肌トラブル*

 

肌荒れは困るし落ち込みます。

出来るだけ早い解決のために原因と対処を考えていきましょう。

 

 

脱毛時の肌トラブルの原因は何でしょうか?

 

まず脱毛には医療脱毛・光脱毛・ワックス脱毛・シュガーリングがあります。

 

除毛にはシェービング・除毛剤があります。

 

そしてそのどれにも後々の肌荒れにつながる可能性があります。

 

 

 

シェービングや毛抜きは肌トラブルが起こりやすいので、光脱毛や医療脱毛にすることをオススメしている情報も多いと思います。

 

しかし、光脱毛も医療脱毛も施術の際には必ずシェービングをしないといけないので、同じ肌トラブルの可能性は継続します。

 

ただやはり脱毛や除毛の具体的な方法によって原因やトラブルに差があります。

 

共通している部分も多いので順に確認し、対策を考えていきましょう。

 

 

シェービングによる肌トラブルは?

 

シェービングの具体的なトラブルは毛穴の炎症と埋没毛と角質ダメージです。

 

 

シェービングによる毛穴の炎症

 

シェービングによる刺激それ自体や、毛穴に雑菌が入ることにより、毛穴内部の黄色ブトウ球菌などが増殖します。

 

それに対処しようと免疫が働き炎症をおこし、白血球の働きで化膿を引き起こします。

皮膚科では毛のう炎または毛包炎といわれるものです。

 

シェービング後すぐに赤くポツポツとなることもありますし、2・3日経ってから赤みが出ることもあります。

 

角質にダメージがどうしてもあるので、それによる刺激や乾燥でバリア機能が下がり、外部刺激に弱くなる傾向があります。

 

素肌を出して活動したりお風呂に浸かると雑菌との直接接触が増えるので、毛のう炎になる可能性が増します。

 

カミソリの場合は直接に刃が肌に触れるので、角質が削がれることでダメージがあり、電気シェーバーでは肌への接触は減りますが細かな凹凸に傷がつきダメージがあります。

 

もともとのカミソリや電気シェーバーに雑菌が付着している場合は、炎症を引き起こす可能性がさらに高まります。

 

 

シェービングによる埋没毛

 

これは皮膚の下に毛先が入ってしまい、肌の中に毛が埋まってしまう状況です。

 

特に深剃りになってしまうと発生しやすくなります。

 

角質にダメージがあることと、通常の肌ターンオーバーが合わさって、毛先の成長スピードを肌再生が追い越してしまうことがあります。

 

そうすると触った感じはチクチク感やざらつきは無いけれど、皮膚の下に細かな毛が透けて見える状態になります。

 

埋没毛は見た目のデメリットと、時々皮膚下の毛の刺激で毛のう炎を引き起こす場合もあります。

 

光脱毛・医療脱毛による肌トラブルは?

 

次に光脱毛と医療脱毛での肌トラブルです。

 

どちらもシェービングが必要なので、上記のトラブルが多いです。

 

さらに光脱毛(IPL・SHR・SSC)は熱の照射で肌にダメージがどうしてもあります。

 

そのため、施術の状況や体調などの要因が重なると、火傷の可能性があります。

 

サロンやクリニックでも注意喚起がありますが、通常でも熱刺激による皮膚乾燥が強く出ます。

 

乾燥から来る肌バリア機能の低下で、雑菌などの外部ダメージに弱くなるので、その結果で毛のう炎も引き起こしやすくなります。

 

 

ワックス脱毛・シュガーリングによる肌トラブルは?

 

これらの脱毛は毛を引き抜くため、直接の毛穴へのダメージが大きいです。

 

そのために毛穴に雑菌が入りやすい状況が比較的長く続き、毛のう炎にもなりやすくなります。

 

毛を引き抜くために、剃毛時に毛の根元が残るのと違い、直後の赤みが引けばしばらくは肌がふわふわツルツルになります。

 

約2週間後から新しく毛が生えてきますので、そのタイミングで毛穴への刺激が増え始め、その結果毛のう炎になりやすいタイミングでもあります。

 

埋没毛になり始めるのもこの新しく生え始めるタイミングです。

 

比較的細くて柔らかいベビーヘアーの状態ですので、角質が固めになっていると皮膚表面に出てこれない場合があります。そうすると埋没毛となってしまいます。

 

そしてワックス脱毛やシュガーリングは角質も一緒に剥がしてしまいますので、メリットとしては普段のターンオーバーの遅れでくすんでしまった肌がワントーン明るくなります。

 

しかし、刺激もダメージも大変大きいので、それによる乾燥や炎症も起きやすくなり、肌が硬くごわつく原因になる傾向があります。

 

 

除毛による肌トラブルは?

 

除毛剤は毛のタンパク質を分解する溶剤が配合されています。

 

そのため刺激が強く危険性も高いため、各製品に注意喚起がしっかりされています。

 

除毛剤にはクリームやスプレー、美肌成分や抑毛成分を同時に配合しているもの、敏感肌用やデリケートゾーン用、VIOには使用禁止のものなど、商品ごとにアピールポイントが分かれています。

 

有効成分はタンパク質を分解するものですが、人の体は部位ごとにタンパク質の種類が違います。

 

除毛剤は毛のタンパク質を特に強く分解する成分のため、皮膚に同じような強い効果はないとされています。

 

しかし爪は毛と同じタンパク質構造ですので、絶対に爪にはつかないように気を付けてください。

 

除毛剤は各商品ごとの成分や体質や体調によって肌トラブルの差が大きいです。

 

各商品にそれぞれにしっかりと使用時の注意書きがあるはずですので、きちんと確認しましょう。特に本使用前のパッチテストは重要です。

 

薬剤を含む製品なので、もし肌荒れした場合は出来るだけはやく病院に行きましょう。

 

 

肌トラブルの対処法とは?

 

炎症や埋没毛、角質ダメージの予防や改善を考えていきましょう。

 

 

炎症には

 

脱毛関連の炎症で最も多いのは毛のう炎です。別名は毛包炎です。

 

毛穴が赤く腫れて、見た目はポツポツと赤湿疹が出る状態です。

 

小さな赤みから豆粒大まで腫れ方には差があります。

 

直接の原因は雑菌などの侵入で黄色ブトウ球菌等の増殖による炎症です。

 

ニキビは毛穴の詰まりによるアクネ菌の増殖から来る炎症ですので、直接原因自体は異なります。

 

しかし症状や皮膚科での治療には共通点が多いです。

 

一般的に最もよく言われる対処法は、清潔にすること、です。

 

対策として非常に多く書かれています。

 

ただこれだけでは実際に炎症で悩んでいるときには分かりにくいので、具体的に考えていきましょう。

 

まず、基本として予防や改善の為に、せっけん(洗顔料・ボディソープ・ハンドソープ)に気を付けましょう。

 

肌が脱毛やシェービング後は弱っています、そのため殺菌・抗菌・スクラブ・ピーリングを特徴としているものは休止しましょう。肌が非常に弱り荒れを引き起こします。

 

物理的に肌にダメージを与えるスクラブやピーリング、肌の免疫機能を下げる殺菌抗菌は炎症を引き起こす原因となります。

 

さらにつっこんで考慮したいという方は、主にボディソープですが、高保湿やしっとりが持続することをアピールしているものは気を付けてください。

 

配合の保湿成分が油分の場合は洗浄不足、その他の場合は界面活性剤のぬめりを保湿感触としているものが多くあります。

 

ヒアルロン酸などを保湿アピールとしているものでも、ちゃんとした洗浄力があれば肌に残らず洗い流されます。

 

洗い流した後に保湿感があれば、単純に洗浄力がないか、保湿感触が違う成分(多くは界面活性剤)である可能性があります。

 

これらは雑菌の増殖や肌のバリア機能低下に繋がります。

 

化粧水では、成分にグリチルリチン酸ジカリウムが配合されているものを取り入れましょう。これは消炎効果で炎症を抑える効果が期待できます。

 

日頃から乾燥肌でなければイソプロピルメチルフェノール配合も良いです。こらは殺菌消毒作用で炎症の原因菌を抑える効果が期待できます。

 

脱毛箇所にお風呂上がりに使いましょう。

 

気になる箇所の雑菌の増殖と炎症を抑える効果が期待できます。

 

毛のう炎は2日から3日経って自然と治るものが多いです。

 

そもそも原因の雑菌を熱消毒するために免疫機能で炎症が起こっていますので、自然治癒が多いです。

 

さらに長く炎症が続く場合は皮膚科で診てもらい、医師の判断を聞きましょう。

 

毛のう炎の場合は抗生物質の処方が多いです。

 

炎症を直接抑えるステロイドは強い副作用の懸念からあまり処方されない傾向にあります。

 

内服薬の抗生物質や外用薬の塗り薬の抗生物質が一般的です。

 

症状はニキビと似ているので処方薬もニキビの場合とほぼ同じことが多いです。

 

 

ポツポツとある程度ならクリーム軟膏、比較的広範囲なら広げやすいローションが処方される事が多いです。

 

単純に症状範囲への塗りやすさの違いです。

 

一部に化膿が生じている場合は稀に飲み薬の抗生物質も処方されます。

 

抗生物質は体内外のばい菌を含めたほぼ全ての菌をやっつけますので、体に良い善玉菌なども平等にやっつけてしまいます。

 

つまり体の抵抗力自体が下がりますので、出来ればサプリ摂取や充分な睡眠なども合わせて心掛けたいですね。

 

この辺りは参考にして、実際に診察を受ける場合は医師の判断や薬の使用法などをきちんと確認しましょう。

 

 

埋没毛・角質ダメージには

 

埋没毛は一時的になっているだけの場合と、解消には手助けが必要な場合があります。

 

一時的な場合は時間の経過と共に皮膚から毛先が出て解決します。

 

そうではない場合はスキンケアで手助けすると解決が期待できます。

具体的には保湿やスクラブやピーリングで毛先の出口をサポートすることとなります。

 

保湿は他の乾燥から来る肌荒れ予防にも効果が高いですが、埋没毛にも効果が期待できます。

 

肌が保湿によって柔らかく保たれるので、毛が詰まりにくく出てきやすくなる、ということになります。

 

角質ダメージによる乾燥やざらつきにも保湿が対処法になります。

 

肌に充分な水分量が確保されていれば、ターンオーバーも乱れにくいですし、乾燥から引き起こされる別の肌荒れも防ぎやすくなります。

 

 

そしてスクラブやピーリングは、肌に他のトラブルがないことが前提となります。

 

これは物理的に肌にダメージを与えターンオーバーを期待するスキンケアなので、その部分のご自身の肌の状態をよく考えて試しましょう。

 

埋没毛の出口である肌表面を、スクラブで削ったりピーリングで溶かし、毛先の出口を作ります。

脱毛時のスタッフさんからのアフターケアの説明でもスクラブはすすめられることが多いですね。

 

せっかく時間とお金をかけて脱毛をしているのであれば、より高効果を目指したくもなります。

 

脱毛後には保湿が様々な肌トラブルの予防の為に必要です。さらに追求すると、保湿にプラスして抑毛の効果も狙いたいです。

 

市販製品では抑毛ローション(抑毛クリーム)が手軽に使用できます。これは毛の発育をジャマする成分ものです。除毛ではありません。

主に女性ホルモン類似成分を有効成分として配合しています。

 

女性ホルモン値が高い人は体毛が薄いとされているので、それに基づき抑毛効果が期待できると考えられて商品化されています。

 

基本的に化粧水や美容液のタイプが多いです。 オーガニックや高浸透タイプなど成分全体にこだわりが強い商品が多いので、比較的高価です。 脱毛サロンでもよく取り扱ってます。

 

具体的な商品だと、子供から使える優しい成分をアピールしているコントロールジェル、成分をナノ化し高浸透成分も配合した強力タイプのゼロファクター 、ダイズイソフラボンをメインにした保湿タイプのパイナップル豆乳ローション、抑毛成分のフィリニーブを配合しているノイス、ほかいくつもの市販品やサロン品があります。

 

抑毛といえばポピュラーなのが大豆イソフラボンです。美容液ではダイズ種子エキスが有名です。イソフラボンの女性ホルモン類似効果で発毛を抑制する効果が期待できます。

 

肌に塗布することはもちろん、より高浸透効果を狙って美顔器や美容施術も考えられます。

ただ、イオン導入ではイソフラボンは分子サイズが大きすぎて難しいようです。

 

また食事やサプリメントでの摂取でも効果が期待できます。ちなみにイソフラボンば体内で分解消化出来る人と出来ない人がいるようです。その検査も存在します。

サプリメントではエクオールというイソフラボンが分解された成分でも市販があります。

 

医療脱毛でもエステサロンでの光脱毛フラッシュ脱毛でも施術の間にはしばらく期間が開きますので、その間のムダ毛を抑え(発毛を阻害して)より高効果を期待できますね。

 

 

 

続く

 

 

shiro

 

 

 

美肌スキンケアを考える→

 

初・オーガニックのスキンケア < organic skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

セルフネイルの方法 < マニキュア ネイルポリッシュ > - SHIRO ☆ SMILE

 

美肌をめざすスキンケア・洗顔・合成界面活性剤・固形石鹸 < skincare soap organic > - SHIRO ☆ SMILE

 

ヘパリン類似物質 ヒルロイド < heparinoid / hirudoid / skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

高濃度ビタミンC リポスフェリック リプライセル 〈 lypospheric / lypricel / vitamin c / skincare 〉 - SHIRO ☆ SMILE

 

美肌になるために / 有効なスキンケア・サプリ・食べ物・化粧品は / 美肌成分のランキングに必ず入るVC < skincare vitamin c > - SHIRO ☆ SMILE

 

深紅のザクロ / スキンケア / 女性ホルモン / アロマテラピー < skincare aromatherapy > - SHIRO ☆ SMILE

 

美しいローズウォーター / 美肌スキンケアに / 華やかな香りに癒される < skincare rosewater aromatherapy > - SHIRO ☆ SMILE

 

初・脱毛 / 光脱毛・ワックス脱毛・医療脱毛・家庭用脱毛機・VIO脱毛・ハイジニーナ・除毛・抑毛 <hair removal> - SHIRO ☆ SMILE

 

脱毛の肌荒れ / 肌トラブル / 対処法 < hair removal skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

セラミドにアプローチのスキンケア < 米肌 maihada ceramide > - SHIRO ☆ SMILE

 

光脱毛の新しい機械・バイマッハ < hair removal bymach > - SHIRO ☆ SMILE

  

ローズウォーターの美容 / 美肌 / 美髪 / 癒し < rose water skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

アロマオイルマッサージ・エステ < aroma oil massage > - SHIRO ☆ SMILE

 

アロマオイルマッサージ・エステ・DDS・中国系 < aroma oil massage china > - SHIRO ☆ SMILE

 

アロマオイルマッサージ・エステ・完全個性 < aroma oil massage > - SHIRO ☆ SMILE

 

 

美容・フォトを検索 ↓

 

<  https://www.google.co.jp/search?q=site:https://shirosmile.hatenablog.com&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja-jp&client=safari  >

 

美容・フォトを検索 ↑

 

 

 

 

 

↓スキンケアのご参考に

 

↓すっぴん肌からキレイにするために

 

↓ムダ毛ケアにオススメ特集

 

 

 

↓大人のスキンケアに

 

↓真剣なホームケア製品ほこちらから

 

 

 

↓脱毛のメリット・デメリット

 

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

 

 

↓スキンケアのオススメ特集

 

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

 

アロマテラピー検定の試験オススメ

 

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

 

↓タピオカ特集・東京と横浜

 

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

 

フィルムカメラ特集

 

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

 

積極的スキンケアでアンチエイジングのオススメ <ピーリング ターンオーバー 抗酸化 バリア機能 セラミド>

タイトル <  https://shirosmile.hatenablog.com >

 

 

 

 

 

* 効果的そうだけど難しそうなスキンケアのあれこれ *

 

今回はアンチエイジングを中心に情報的にちょっと難しそうでなかなか手出ししにくい印象のスキンケアについてです

 

アンチエイジングは比較的高級ラインのスキンケアコスメによく使われているキーワードです。

 

基本的には化粧品では抗酸化作用の期待できる成分が配合されているものと肌に塗布する事でハリとツヤを出すものが主流です。

 

そこから少し踏み込むと肌のターンオーバーを促し肌再生による新しく瑞々しい素肌で、アンチエイジングやニキビ跡や毛穴トラブルなどの改善を期待するケアになっていきます。

 

*ターンオーバー

 

まずはこのターンオーバーに着目したスキンケアに関する話です。

 

*タンパク質を分解か溶解か

 

新しく美しい肌を期待してターンオーバーを促すメソッドで基本なのはいわゆる古い角質や表面肌を落とすというピーリングです。

 

その方法には主にふたつ、肌であるタンパク質を分解するか溶かすかです。

 

この点を中心に成分や作用を確かめていきます。

 

*ピーリング

 

肌に塗布するピーリングでは主にAHAとBHAがあります

 

ahaは乳酸やグリコール酸という成分です。

 

使用上限としての濃度は20%までとされています。

そしてそのペーハーはph3.5以下で効果ありとされています。

 

名前の通りこれらは酸ですのでより強い状態の酸の方が皮膚を溶かしやすくなります、弱い酸だと肌の防御力に負けるので効果が無いとなります。

 

広くスキンケア製品を見てみると果実や植物を由来としたピーリングエキスが成分としてうたわれているものもあります。

こういったフルーツエキスや植物エキスというのはAHAという名称でも、成分自体が薄すぎるためピーリングとしての効果は無いとされています。

 

なお、AHAは酸性の為に普通の石鹸で中和されます、いわゆる固形石鹸などの弱アルカリ性のソープですね。

 

 

次にbhaサリチル酸マクロゴールやサリチル酸エタノールです。

 

これらの市販での上限は0.2%の為、防腐剤扱いとなります。

その為BHA配合化粧品というものにイメージでピーリング効果があると思い込まないように、購入目的に合った商品を選ぶように気をつけましょう。

 

BHAでのピーリング目的の参考数値は以下になります。

 

美容皮膚科やビューティークリニックで施術として行われるケミカルピーリング20%です。

一般人がスキンケア目的で受けられる最高濃度はこれになります、各種重要な注意事項がありますので実際に受ける際はそれをしっかり確認しましょう。

サリチル酸マクロゴールが安全性の面では上位になります、歴史的にはエタノールの方が長いですが肌から血管に浸透することでの副作用がデメリットとして認められています。

 

そしてサリチル酸ワセリン5%10%とあります、こらは主に皮膚科などでイボなどの処方で出されます、名前の通り基材がワセリンです。

あとはスピール軟膏50%とのこと、こちらは足のイボや魚の目などに特化した形状の市販品です。用途が特化されていてそれに合わせた形状ですので多目的には使えません。

 

 

*肌の軟化

 

続いてタンパク質を溶かすのが主なピーリングと違い、タンパク質を分解するタイプの成分です。

 

溶解という攻撃的な作用ではなく、分解という緩やかな作用で目的としては主に皮膚や角質などに対する軟化です。

 

硫黄

 

まずは硫黄です、歴史的にも長く親しみのある成分です。

 

硫黄は水にもアルコールにも溶けません、そして独特の強いにおいがあります。

いわゆる温泉のにおいで、美肌の湯などと言われる肌がすべすべに感じる作用となります。

 

スキンケアやニキビやオイリー肌などの皮膚科処方薬など幅広く使用されます、最近はケア成分も増えたのでにおいのデメリットから目にする機会は減ってきています。

 

乾燥作用があるので皮脂対策のニキビ用の化粧水や治療品にも配合されています。

 

尿素

 

そして尿素です。

 

尿素はどちらかというと保湿のイメージが強いかと思います。ハンドケアやフットケアのクリームで有名ですね。

 

特徴のひとつとして水分を引きつける作用があります。

つまり塗布した部位の皮下の水分を引き寄せる作用です。

 

尿素自体に保湿効果があると勘違いしている場合も多いですが、正確には塗布皮膚表面近くに皮膚奥から水分を持ってくるとなります。

 

もうひとつの作用がタンパク質分解です。

 

例えばかかとやひじのひび割れ用クリームなどだと、分解作用で柔らかくし水分を引き上げ添加剤のオイル成分などで保湿や蓋をするという仕組みです。

 

尿素の注意点はアンモニアに変化することです。

いわゆる高温多湿の環境で早めに尿素自体がアンモニアに変化します。

 

これは人体に有毒です、特徴はわかりやすくアンモニア臭がします、いわゆるおしっこくさいというものです。

 

おしっこに尿素が含まれるのでアンモニア臭イコールおしっこのにおいです。

 

化粧品などに配合するのにはこのアンモニア変化に対策をしないといけないので、手間とコストがかかる上に使用者への有毒注意喚起が必要なので最近は減ってきています。

 

タンパク質分解酵素

 

他にパパインなどの酵素もタンパク質分解効果があります、これは除毛クリームや抑毛クリーム、抑毛ローション、酵素洗顔などスキンケアコスメ関連で広く利用されています。

 

これはタンパク質結合分解の作用で、角質軟化などを目的としています。

 

この部分はイメージからくる利用が大きいのかなと思います、効果はともかく硫黄臭や尿素の言葉の響きのイメージはスキンケアコスメにあまりメリットにならないので。

 

ビタミンA・レチノール・ハイドロキノン

 

最近増えてきたのがビタミンAを利用したターンオーバー促進ケアです。

 

多い利用名はレチノールからのレチノール酸です、ターンオーバーを促進して新しい肌にしてトラブルの解消を期待するものです。

 

強い効果を期待して行うものなので、いわゆるダウンタイムとして炎症皮むけがあります。

 

一時期有名になったのが、乳首薄色処方薬ですね。

乳首の色が濃いのを薄くするためにターンオーバー作用を利用し濃い皮膚部分を剥がしていくものです。

 

日本では規制があるために個人輸入で関連品を手に入れたり、ハイドロキノンと併用で肌漂白として話題にもなりました。

 

最近では医療分野で使用が認められてきて、有名なところではディフィリンゲルとして白ニキビ治療薬として利用されています。

 

これはいわゆる白ニキビは毛穴に角栓が詰まった状態のみなので、その毛穴表面を剥がして角栓が外に出やすくする目的です。

 

レチノールがいちはやくスキンケアの分野で注目されたため、メラニン色素がたまった部分をターンオーバーという比較的ナチュラルな方法で剥がし、同時にハイドロキノンで美白していくというコンビネーションがホームスキンケアでの美白に有力とされています。

 

アルブチン

 

ハイドロキノンメラニン色素にダイレクトにアプローチするために肌の漂白剤とも言われていますが、そのハイドロキノンの誘導体がアルブチンです。

 

ビタミンC誘導体が誘導体名称ではいちばん有名ですね。それと同じでアルブチンはハイドロキノン誘導体です。

 

効果が緩やかでハイドロキノンのようにすぐに目に見えて副作用が出るタイプでは無いので、スキンケアブランドのホワイトニングラインでよく使用されています。美白美容液でも配合されていることが多いです。

 

ハイドロキノンより緩やかでダウンタイムのリスクが少なくメラニン色素にダイレクトに働きやすいということで、美白目的では日常的に使いやすくバランスが良い成分です。

 

ミトコンドリアトランスファー

 

さらに最近気になっているのが、ミトコンドリアトランスファーというスキンケア関連での現象です。

 

ミトコンドリアトランスファーの促進で肌の回復、抗酸化的作用による老化対策になるというものです。

 

具体的には肌細胞のミトコンドリアの活動をサポートする作用のことで、スキンケアでその働きを促進してその結果アンチエイジング系のメリットがあるもの、成分としてはアロエとプルーンの関連成分の複合作用でもたらされるとされています。

 

市販品ではロート製薬のエピステームというスキンケアラインのブランドがミトコンドリアトランスファーを利用しています。

 

*美肌菌

 

ネーミングのインパクトもあり有名になってきているのが美肌菌という考え方です。

 

美肌菌とはいわゆる素肌の保湿やバリア機能を良好に保つ為のメソッド。

 

すっぴん肌での美しさと強さを大切にして、適切な肌表面の状態を常在菌やペーハーをキーワードにスキンケアをするものです。

 

具体的なスキンケアとしては肌にダメージのある成分を含んだ化粧品を使わないこと、これはオーガニックコスメを使うことにダイレクトに繋がります、またそもそも化粧品を一切使用しない肌断食の取り入れ、セラミドなどの肌本来の保湿成分を流す熱い湯を使用しないなどのアプローチになります。

 

素肌を弱らせる可能性のある成分を肌から遠ざけてナチュラルな肌の強さを求めていくスキンケアメソッドです。

 

スキンケアブランドではハナオーガニックというオーガニック化粧品のブランドがこの考え方を広告塔にしています。

 

また関連情報で面白いのが、お花屋さんや八百屋さんによく行くひとや自然な植物に触れる日常があるひとは、このいわゆる美肌菌が多く素肌が強い傾向があるとのことです。

 

・「ハナオーガニック」

素肌をサポートする考え方のオーガニックのスキンケアブランドです。

敏感肌にも優しい肌の健康を考えた処方で、バリア機能を高めるオーガニックのこだわり。

 

 

 

↑詳細やお得な限定情報はこちらから

 

*大切なデリケートゾーンのスキンケア

 

VIO脱毛やハイジニーナ脱毛をしているときはきちんと意識している人は多いと思いますが、デリケートゾーンのスキンケアも重要です。

情報のひとつとしては出来るだけ触らないで放っておくことがデリケートゾーンには大切というメソッドもあります。

しかしそれはナチュラルで美肌なデリケートゾーンの肌状態が確立している場合です。

摩擦や刺激による乾燥やかゆみや赤みがある場合やその予防のためにも、まずは保湿、そしてソフトで有効なスキンケア成分でケアしましょう。

そして日常の摩擦刺激やムレからのスキンケアも大切です。国内生産のオーガニック高機能ナプキンで、薄くて漏れにくく蒸れにくい品。こちらは関連商品もあり便利ですのでご参考に。

 

↑詳細やお得な限定情報はこちらから

 

 

*家庭用脱毛器でムダ毛をセルフケア 

 

スキンケアに効果的なのは脱毛もです。

体毛は薄毛やシェービング後の肌下毛だけでも色味が人目に触れる為にくすみになります。

肌触りもごわつきに繋がりますしスキンケア成分の浸透の邪魔になります。

将来的にするスキンケアの効果を高めることを考えると出来るだけ早めに脱毛はしておきたいです。

 

詳細やお得な限定情報はこちらから

↑詳細やお得な限定情報はこちらから

 

 

気になるムダ毛のケアのご参考にしてみてください☆

 

 

続く

 

 

shiro

 

 

 

美肌スキンケアを考える→

 

初・オーガニックのスキンケア < organic skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

ヘパリン類似物質 ヒルロイド < heparinoid / hirudoid / skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

高濃度ビタミンC リポスフェリック リプライセル 〈 lypospheric / lypricel / vitamin c / skincare 〉 - SHIRO ☆ SMILE

 

美肌になるために / 有効なスキンケア・サプリ・食べ物・化粧品は / 美肌成分のランキングに必ず入るVC < skincare vitamin c > - SHIRO ☆ SMILE

 

深紅のザクロ / スキンケア / 女性ホルモン / アロマテラピー < skincare aromatherapy > - SHIRO ☆ SMILE

 

美しいローズウォーター / 美肌スキンケアに / 華やかな香りに癒される < skincare rosewater aromatherapy > - SHIRO ☆ SMILE

   

セルフネイルの方法 < マニキュア ネイルポリッシュ > - SHIRO ☆ SMILE

 

美肌をめざすスキンケア・洗顔・合成界面活性剤・固形石鹸 < skincare soap organic > - SHIRO ☆ SMILE

 

初・脱毛 / 光脱毛・ワックス脱毛・医療脱毛・家庭用脱毛機・VIO脱毛・ハイジニーナ・除毛・抑毛 <hair removal> - SHIRO ☆ SMILE

 

脱毛の肌荒れ / 肌トラブル / 対処法 < hair removal skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

セラミドにアプローチのスキンケア < 米肌 maihada ceramide > - SHIRO ☆ SMILE

 

光脱毛の新しい機械・バイマッハ < hair removal bymach > - SHIRO ☆ SMILE

  

ローズウォーターの美容 / 美肌 / 美髪 / 癒し < rose water skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

アロマオイルマッサージ・エステ < aroma oil massage > - SHIRO ☆ SMILE

 

アロマオイルマッサージ・エステ・DDS・中国系 < aroma oil massage china > - SHIRO ☆ SMILE

 

アロマオイルマッサージ・エステ・完全個性 < aroma oil massage > - SHIRO ☆ SMILE

 

 

美容・フォトを検索 ↓

 

<  https://www.google.co.jp/search?q=site:https://shirosmile.hatenablog.com&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja-jp&client=safari  >

 

美容・フォトを検索 ↑

 

 

 

 

 

↓スキンケアのご参考に

 

↓本気の家庭用脱毛機はこちら

 

↓本格的なフェイスケアを自宅で

 

↓体のなかからキレイになる為にオススメ

 

↓本格的スキンケアをはじめるなら

 

 

アロマテラピーが好きならご参考に

 

↓効果的なスキンケア特集

 

↓元気な素肌をめざすスキンケア特集

 

 

↓気になるワキのにおいのケアに

 

↓脱毛のサポートにオススメなセルフケア特集

 

 

 

 

↓家庭用スキンケアマシン特集

フィルムカメラのペンタックスとタクマーのオールドレンズ おすすめ < film camera old lens takumar pentax 135film 35mm film >

 

www.instagram.com


 

PENTAX film camera*

 

 

フィルムカメラの使い方とコツや豆知識などをペンタックスを中心に紹介致します

 

 

ノスタルジックな雰囲気が魅力のフィルム写真を撮るためのクラシックカメラは約半世紀前の日本製のフィルムカメラが中心になります、少し前からのフィルムカメラブームによって主にフリマアプリで多く復活しています(注意ポイントとしてはファインダーやミラーの腐食とシャッター幕のヨレが無いこととレンズの光学劣化の説明がないのは危ないので気を付けましょう)

 

一番の魅力はルックスのレトロな可愛いお洒落さまたはヴィンテージ感のある格好良さ、そして見た目だけじゃない素材とつくりの豪華さです。

 

20年ほど前のフィルムカメラだと素材が内も外もプラスチックで撮影には必ず電池が必要、製造も下請け海外工場が多くなる為に、そうなる前の時代のカメラが特に人気を集めています。

 

ポイントをまとめると、素材は金属で主に真鍮(ブラス)でそれに肉厚のメッキをかけています、パーツは金属削り出し、マークや文字は金属彫刻に墨入れ、革は本革です。

内部ではプリズムやファインダーやミラーも高精度の硝子ですね。そして日本製です。

 

ちなみに今も超高級カメラはみんな日本製です、あまりカメラマニア以外には知られていませんが、ライカカールツァイスも日本国内で製造しています。

 

ペンタックスフィルムカメラとしてはsシリーズ、kシリーズ、mシリーズがあります。

 

このブランドはかなり多くの種類を発売していた為にカメラボディも多いです。

 

レンズは接続の形が共通(正確には2種類)なのでどれにも付け替えられます。

 

基本はシルバーモデルがスタンダードで限定数の高価格なのがブラックモデルです、リミテッドモデルですね。

 

私がこれらの中で最も可愛いと思っているのがSシリーズです。

 

ウィキペディアを見れば細かなモデルが発売されていない設計アイデア止まりのものまで分かります。

 

ペンタックスフィルムカメラ

 

私が撮影使用しているモデルを中心にご紹介したいと思います。

 

まずはS2です、これは実質今手に入るモデルでは最も古いです。

 

特徴は見て手で触れて分かる豪華さ。

 

こじんまりしたルックスに重すぎる密度感、美しい金属鍍金の肌触り、細かなパーツの曲線、そのデザインの存在感ですごいと感じられます。

 

このモデルの前にKというカメラがあります、時たまジャンクで出てきますが私はまだ実物は見たことがないです、このKという文字はペンタックスが特別なモデルにつけるアルファベットになります、キングのKです。

 

この後にSVがでます、これはセルフタイマー機能を追加しています、Vはドイツ語のセルフタイマーの頭文字らしいです。

 

ちなみにクラシックカメラではセルフタイマーは極力触らないほうが良いです、現代でフィルムカメラでセルフタイマーを使うひとはほぼいないですが試しにも触らない方がいいです。

 

セルフタイマー作動は現在のクラシックカメラの故障誘因のトップに入ります、不必要な試しは避けましょう。

 

私の感覚的にはやっぱり故障原因が増える機能は極力無い方安心感があります、内部機構がシンプルなほど故障は少ないので。

 

その点でSVよりS2の方が好きです。が、SVのが若干新しいので調子が良い個体が見つかりやすいです。

 

そのあとにS2superというモデルも発売されたようです。

これはSVからセルフタイマーを無くしたモデルとのこと。

S2との違いはフィルムカウンターが自動リセットか手動リセットからしいです。

 

S2superも気になるのですが、探しても全然見つかりません、カメラの刻印にスーパーって入っていないのかな?そうだったらS2との区別は簡単では無いですね。興味がある方は調べてみてください、それもクラシックカメラの楽しみの一つです。

 

 

この後のSシリーズはまた雰囲気が変わります。

SPからSLSPFSP2です。

 

見た目の印象はひとまわり大きくなりストレートなラインが目立ちます。

 

現在のペンタックスフィルムカメラで一番人気のモデルたちです。

 

まだこの時代ではプラスチックは使われず、パーツは金属削り出しに刻印は彫刻に墨入れで現代ではありえない豪華さです。

 

時代とともにパーツがプラスチックに、そして全体がプラスチックになっていきます。

 

当時では軽さがメリットになりますが、現代からはいわゆるチープさに繋がります。

昔のプラスチック部は劣化破損が目立ちますが昔の金属デザインはしっかりメッキの表面加工がしてあり半世紀経っても磨いてすぐ美しく輝きます。

 

このシリーズから露出計機能が付きます、とはいっても撮影とは完全に別機能です。

 

内蔵露出計を使うには電池が必要です、撮影には電池も露出計も使いません。

 

この認識は重要なのですが、あまり分かっていなくて撮影に電池と露出計動作が必要だと勘違いしているひとが多いようです。

 

この後SLが発売されます、このモデルはSPから露出計を無くした設計です。

 

コンセプトとしては、内部機能を増やし故障要因が増えることを嫌ったカメラ上級者向けとのこと、雪山などでも使用できるように細かな内部デザインで素材や構造をより強靭にしたともいわれています。

 

当時はともかく現在では、露出計用の

電池が製造禁止になっていること、電池室の腐食トラブルが多いこと、露出計スイッチ関連のシャッター不具合も少なくないこと、もう少し細かくは内部の露出計用配線のハンダの腐食と銅線のサビがわかりやすいデメリットとしてあります。

 

関連情報としては、撮影の為に露出を確認したいという目的のためには、スマホの無料アプリが世界的にも利用者が多いです。

スマホはカメラ機能の為に常に露出を見ていますのでそれを数値化するアプリは人類史上最も高精度です。

露出は撮影するそのシーンで最初に一度だけ必要なら確認する程度なので頻度は少ないですね。

 

個人的には半世紀前の現在製造禁止電池を使用前提の機能を顔面にくっつける程近くで使うのは少なくとも自分の大切な人にはやめてほしいです。

 

次に出るのがSPFです、カメラの頭にアクセサリーシューが元から付き、露出計の測り方(測光)が変わります。

 

これは対応したレンズが必要です、開放測光対応のタクマーレンズでレンズボディがゴムひきのルックスのです。

 

比較的レアなのはこの切り替え時期に製造された総金属製のスーパーマルチコーティング(SMC)の開放測光対応のtakumarレンズがあります。

 

ルックスでアクセントになっているのがシャッターにあるシルバーロックリングです、このワンポイントがデザインとしてスタイリッシュな印象になっています。

 

最後に発売されたのがSP2です、これはSPの復刻モデルです。

 

ルックスの違いはトップにアクセサリーシューがデザインされています。

 

Sシリーズでは最新モデルですが今流通してる数はあまり多くないです。

 

SPがあまりに人気な為のリバイバルモデルですが、ペンタックスとしては主に海外への輸出モデルとしていたようです。

 

その為SP2のブラックモデルは国内ではまず見つからず希少です。

 

 

*タクマーの単焦点レンズ*

ペンタックスM42マウント*

 

ペンタックスM42マウントの単焦点レンズ

 

 

Sシリーズには全て同じ型のカメラレンズが装着出来ます。

 

名称はM42マウント、別名スクリューマウント。

 

国内だけでなく海外でも同じ型のレンズが多いです、カールツァイスヘリオス、インダスターなどもそのまま装着して使用出来ます。

 

メインでデザインされていたのがタクマー(takumar)という単焦点レンズです。

 

レンズの刻印がオートタクマーとスーパータクマーとSMCタクマーとあって、書体も丸文字と一般的な形があります。

 

標準と広角と望遠とひと通りのタイプはみんなタクマーという名前でデザインされています。

 

長い年月このモデルで作られていたので細かなタイプがいくつもあり、製造数が少ないものもあり希少なマニア個体もいくつもあります。

 

絞り羽の数や刻印と光学膜、ボディデザインの組み合わせなど他のタクマーレンズより高価に取引されているレンズもありハマると奥深い沼です。

 

私的にも気に入っているのがあって、標準レンズの黄色文字の丸文字書体の単焦点レンズです。

シンプルにタクマーレンズの中でルックスが可愛いです、レトロキュートです。

 

ちょっと詳しくご紹介すると、タクマーの標準レンズ(標準というのは広角でも望遠でもないポートレートなど用の撮影距離のレンズの事です、普通という意味ではありません、約50mmの明るいレンズです)で日本国内のタイプは白文字でf1.8がほぼ全てです。

 

その中で丸文字書体のものは特に製造年月日が古いものです、そして時々f2のレンズがあり、レンズの刻印がそこだけ黄色くデザインされているものがあります。

 

その存在理由ははっきりせず諸説ありますが、有力なのは輸出用に海外モデルとして特別にデザインしたモデルというものです。

 

内部構造などを検証した情報もありますが、光学にf1.8との違いはない為、わざわざ同じものをf2にしてレンズプレートを刻印を黄文字にデザインし直して作ったものとされています。

 

お分かりの通りわざわざ手間とコストをかけてスペックを下げてデザインし直しているのが意味不明とミステリー扱いされています。

 

総じてこれらのレンズもとにかく豪華です。

 

その魅力はカメラボディと似ています、しっかりと日本製でボディは金属製、レンズ光学は硝子製で小さくてもずっしりとした重厚感がすごいです。

 

プラスチックパーツがほぼ全ての近年から最近のレンズとは違います。

 

ちなみに現代のデジタルカメラ一眼レフカメラでもアダプターを使ってこれらの単焦点レンズで撮影出来ます、ゴーストやフレアがとてつもなく美しい写真が撮れます。

 

もうひとつ、豆知識的なことですが、オールドレンズのブームの中でタクマーレンズは最も人気があり使用者も多いですが意外と知られていないのがレンズ根本のAとMのスイッチです。

 

これはオートとマニュアルの切り替えスイッチなのはすぐ分かりますが、切り替え方に触れている情報が少ないです。絞り値を自分で変えてオールドレンズならではの美しい描写を楽しむには基本的にマニュアルのMで使います。というより現代で使うにはMから動かさない方が重要です、もちろん詳しく知って自分流の撮影方法で使ってる方は例外です。

 

このオートのAというのは詳しくは、発売当時にセットとしてデザインされた"該当モデルのフィルムカメラに装着するとき"にシャッターを切る瞬間だけ絞られて、それ以外は常に開放絞りになる、という意味のオートです。(発売当時の正規新品製品での話です、これが重要です)

 

現代はM42マウントの世界中のカメラに流通の関係上気軽に使えますし、デジカメにも付けられるし、アダプターで違う型のフィルムカメラにまで使えますので、Mにしてキープするのが重要です。さらに言えば、人気でフリマアプリやネットオークションでかなりの数が出回り、自分で整備や分解清掃しましたという出品者のレンズも多く流れています、その際にAとMの動作がバカになってるのも多く転売が重なり判断がしにくい状況です。比較的簡単に確認出来るマニュアル絞り動作で使う事を意識しましょう。

 

と前提をお話ししましたが、豆知識の部分はこれです、切り替えスイッチをAにするのは簡単に指一本で出来ますが、MにするにはM42マウントのフィルムカメラ(正確には確実なのは正規日本製アサヒペンタックスの該当モデルです、他メーカーや海外モデルのM42モデルは含みません)に装着した状態でないと出来ません。その為現代の利用の多岐を考慮すると、ずっとMをキープすることに気をつけましょう、となります。

 

ちなみにアダプターに付けている場合はそのアダプターにより異なるため、ネットで知識を集めて自分のアダプターではどうなのか"実際の操作をして"確かめましょう。アダプターでは一律の結果はありません、理由は製造の世界基準が無いからです。

 

*フィルムの入れ方*

 

おまけでフィルムの入れ方もご紹介します、

各一眼レフフィルムカメラの使い方のご参考に。

 

後側から見た左上のノブ(S2SVは左側面の下)を引きカメラ開けます、フィルムを左のスペースに入れて左上ノブで固定します、右側のローラー2本にフィルムのぴらぴらを引っ掛けてから、右上のシャッターレバー(巻き上げレバー)を引いて巻き付けます、そしてシャッターを押します。レバーを引きシャッター押すのがワンセット動作です。

カメラを閉めてフィルムの最初の余白分を繰返します、そして本撮影、撮影枚数ほぼ終わったら底のボタン押して左上のレバーをくるくるしてフィルムを巻き戻します、そしてフィルムを取り出して、大切に現像にお出しください。

 

マニュアル撮影の設定である絞りとピントはレンズの輪、シャッター速は右上目盛りです。

 

ネガの現像は露出補正がされるとのことでシャッター速度でいうと前後2段分ずつとのこと。例えば60の場合は15から250の間は補正範囲内ということですね、とすると露出ミスは通常はないですね。

 

 

*革命的新シリーズK*

 

新たにKシリーズが登場するペンタックスフィルムカメラ

 

今回紹介する中で最もサイズが大きなモデルです。

 

そしてペンタックスが大切にしているキングをタイトルにしたシリーズです。

 

種類は大きくはK2KXKMの3つがあります。

 

ここからレンズの型が変わりペンタックスKマウント(PKマウント)になります。

 

しかしペンタックスから純正のアダプターが出ているのでこれまでのM42マウントレンズも簡単に使えます。

 

KMがスタンダードモデルでその上位モデルがKXです。

 

レンズはPENTAX刻印の大ぶりなデザインが純正スタイルになります。

 

このペンタックスレンズシリーズは特徴的に光学の劣化として曇りが発生します。

 

PENTAX-MPENTAX-Aはもっと後に出るレンズです。

 

現在はペンタックスとリコーが合併してRICOH PENTAXとなっていますが、フィルムカメラでもRICOHXR500XR1000というモデルがKシリーズと同じペンタックスKマウントで登場しています。

 

このリコーのカメラにデザインされた単焦点レンズで金属製のボディのものが、今レンズのメーカーとして伝説として崇められている富岡のレンズです。

富岡はカメラレンズの下請け(OEM)の工房で表には名前が出ないメーカーですが、カールツァイスのレンズなどを作っていたところで、カメラ史に名を残す各ブランドのレンズの実際の設計製造者ということで最も尊敬を集めているブランド(表には出ていませんが)です。

他に東京光学のトプコンやアルガスシンターなどが富岡光学のレンズだとされています。

 

そして最上級モデルがK2です、これは機能的には絞り優先露出オートのシャッターが目立ちます、これはレンズの絞りを自分で決めたらシャッター速度は自動で撮影できるものです。

 

電子シャッターとなり撮影には電池が必要です。

 

それだけではなく、ボディの素材も豪華に設計されていて、レンズマウントがステンレス製などペンタックスのカメラ史上最も豪華で力の入ったモデルとなっています。

 

ペンタックスのカメラでLXという豪華モデルがあるのですが、K2はそれと同じ特別扱いの設計です。

 

*小さい一眼レフフィルムカメラ

 

コンパクトなMシリーズへと変貌

 

次にカメラボディもレンズもぎゅっと小さくしたシリーズに切り替わります。

 

レンズの型は同じなのでKシリーズのも使えるし純正アダプターでSシリーズのも使えます。

 

一眼レフフィルムカメラとしては最も小型なシリーズとなります。

 

型番としてはMEME superMVMGなどがメインです。

 

全て絞り優先の露出オート機能のカメラで、撮影には電池が必要です。

 

ファインダーやシャッターショックや機械式シャッター速数値など細かな違いはありますが、大まかにはだいたい同じといえます。

 

見た目のデザインもほぼ同じですね。

 

素材の変わり目に入り、MEはボディがブラス(真鍮)製で、それ以降はボトムだけ金属製とプラスチック製とに変わっていきます。

 

当時のメリットとしては軽量化になります。

 

金属製の豪華さや重量感でMEが人気があります、ME superはマニュアル撮影機能があるのが人気、MVMGは簡単操作と小型軽量さで人気です。

 

フルサイズの本格的な一眼レフカメラとしてとても小さくて軽くて露出オートなので、撮影の手軽さでカメラ女子や初心者におすすめされている傾向があります。

 

私的には、フィルムカメラでアダプター使ってM42レンズで露出オートで撮れることが最大の魅力です。

 

個人的にはMVがファインダーが一番すっきりと真っ白で清潔感があって好きです。

 

ちなみにMEME superはシルバーモデルがスタンダードでブラックモデルがハイクラスのカラーバリエーションで数が少なく価格が高いものです。

 

しかしMVはブラックモデルがスタンダードで多く流通しています、希少なのがMVシルバーでこれは一部の海外輸出モデルらしいです、なので日本国内でのMVシルバーはレアな逆輸入タイプになりますね。

 

MGMVリバイバル(復刻)モデルになります、ボディもトップもボトムもプラスチックになり最も軽量なタイプになります。

 

セットデザインされた単焦点レンズも小型化されています、刻印はPENTAX-M

 

ボディは金属製で光学も硝子製なので小さいですがずっしり重いです。

 

このペンタックスレンズシリーズも光学劣化が起こりやすいのが特徴的です。

 

原因としていわれているのがコーティングの多用とバルサムの多用です、ペンタックスレンズでは仕方のない宿命とされています。

 

オールドレンズに光学劣化はつきものですが、それが魅力でもあります、見方の問題です。

 

オールドレンズが現在人気なのはゴーストやフレアの写真描写の美しさが理由です、それはレンズ製品としては光学の低レベルさや劣化が要因です。

 

そしてそれが、レトロであること、ヴィンテージの味、フィルムカメラやフィルム写真のノスタルジックな雰囲気というファッション的にオシャレな側面を含んだ人気の一部でもあります。

 

もうちょっと追加でご紹介すると、この後にAシリーズが登場します。

 

特徴は自動露出モードのカメラになることです。

 

これはレンズの絞りもシャッター速度も両方オートで撮影出来る機能です。

 

なのでここからはすることがピント合わせだけになります。

 

モデルとしてはプログラムA(program A)とその上位機のスーパーA(super A)です。

 

プログラムAはプラスチックボディですがスーパーAはボトムが金属製(ブラス真鍮)です。

 

レンズも変わりPENTAX-Aモデルとなり、絞り値にAUTOが加わります。ボディはプラスチックになりルックスは丸っこく可愛い感じです。

 

レンズの型はペンタックスKマウントですのでKシリーズのレンズも、Mシリーズのレンズも使えますが、絞り優先の露出オートのみオート機能は使えます。

 

PENTAX-Aレンズは細かくはKAマウントとなります。

KAマウントとは電子接点が付いたタイプです、自動露出モードを使うにはこれである必要があります。

 

近年発売されたペンタックスデジタル一眼レフカメラにもこのレンズはそのまま自動露出モードで使用できます。

 

その為価値が高くなりAUTO絞りが故障していないPENTAX-Aレンズは大口径f1.4や広角28mmは単体で2万円後半(3万円弱)と、オールドレンズとしては高価なシリーズになります、それでもデジタル用レンズよりはずっと安いですが。

 

スーパーAは専用グリップもあり使いやすさで好評で、ヨーロピアンカメラオブザイヤーというカメラの世界的な賞を受賞した有名なモデルです。

 

フィルムカメラを手に取る

 

沢山の種類のフィルムカメラが世界中にあります、海外製の機材はeBAYというネットオークションの利用者が多いようですね、いわゆる個人輸入です。

 

やはり気軽なのはフリマのアプリかヤフオクのネットオークションですね。

 

カメラ店も探せばありますが基本的に随分割高の印象です、大体は状態のランクをつけてどのお店も並べていますが最上ランクだけがいわゆる完動品で数日の保証付きです。

スタンダードモデルだと大体4万前後ですね。

それ以下は保証無しでどこかしらに不具合があります、直してから並べるのはコストがかかるからですかね。

主に修理受付を別途しているようです。

クラシックカメラはデザインが美しいので並んでるのを見るのも楽しいですよ。

 

カメラや写真の分野に興味を持ちはまっている時にはとにかく関連情報をくまなく集めて自分で判断できるようにしたくて、デジタルカメラフィルムカメラもネガもポジも現像も海外フィルムもレンジファインダーもバルナックライカの技術職人の歴史もライカミノルタの設計を買い上げたこともカールツァイスのレンズを富岡光学が作ってたことも今ライカは山梨で作ってることも色々知るのも楽しいです。

 

ただ私は結構潔癖なのでヤフオクやメルカリでカメラやレンズを買うのが、汚いのが最もハードルが高いです。

 

基本的にはきれいとか美品とか写真見て汚くなさそうなののみを買いますが、それでも汚い印象なくいい感じなのはまず無いです。

 

これまでにカメラとレンズで数百個買いましたが、配送梱包開けて綺麗だと思ったのはひとつだけです(残念ながらシャッターが故障した機械式カメラでしたが)。

レンズでは研究的にオーバーホールしてる方の出品がレンズ自体は綺麗な方でした(梱包は違いますが)、その方から5つ程レンズを買ってますね。

 

なので最初はとにかくクリーニングすることが一番大変です、汚いのは置いておきたく無いのでまず清潔にして、金属・革・硝子を磨いて。

 

きれいで状態が良いとの説明で購入しても届いたら酷くてそのまま廃棄処分したものも多いです。

 

そこから今はカメラ・レンズが50個ずつくらいになっているので、一般的な市場感覚からするとかなり綺麗なものしかないですね、新しく仕入れるのは精神的に厳しいほどです。

 

流石に撮影でこんなに沢山は使用しないので少し出品していますが、出品は画像と説明の準備に丸一日とものすごく時間がかかるし、コメントのやり取りにも神経を使うし、出してるものに傷などつかないように保管に特に気を遣うし、実際の取引相手にはすぐ脅迫などの迷惑行為をしてくる方がいるし、大変なので少ししたら全部出品は中止する予定です。

 

自分が購入した経験から、自分が嫌に思わないレベルでは梱包もしているので、クラシックフィルムカメラやオールドレンズの購入経験がある方にはすごく綺麗で丁寧と喜んでもらえます、初めての方は大体新品のデジカメをイメージしているので特にそういった反応は無いですが続けて他の方から購入すると差を知ってちょっと残念なようです、カメラに興味を持った方にはみんなお写真楽しんでもらえるといいなと思います。

 

ファインダーを見ながらシャッターを切る瞬間に集中する時の感覚ってシンプルに楽しいですから。風で揺れる表情や光の微かな雰囲気に向き合う時間はとても美しいです。

 

最後にクラシックカメラの保存方法についてポイントをご紹介します。

 

フィルムカメラからレンズは外し、キャップなども外し通気性をよくして置きましょう、乾燥剤や酸化防止剤と一緒にしまうとより良いです。

 

もちろんカメラケースやカバーからは出して置いて下さい。

 

外で持ち歩いている時は傷防止、家ではカビサビ防止に気を使いましょうね。

 

 

* Photography Tips < 写真ワンポイント >

 

フィルム写真の質感や色合いにこだわるひとは沢山います。

現代ではデジタル写真は有名な写真加工ソフトやアプリで仕上がり調整するのがあまりにも当たり前です。その為フィルム写真をデジタルデータで受け取る場合にも仕上がりの質感や色合いは自分のこだわりの好みで調整しましょう、それにネガティブな印象を持つ人は現代ではいません。

フィルム写真をプリントで仕上げてそこにこだわりをもちたい場合は、ポイントになるのは撮影時の光のこだわり(撮影技術)とプリントインクへのこだわり、仕上げ印刷の写真紙へのこだわり、入れる額縁のデザインのこだわりです。フィルム写真にこだわりを持つというのは作品の作り込みと同じです。

有名な写真家のポートレートのような雰囲気で撮りたい、フィルム写真を青味がかった感じで撮りたい、そういった意欲は細かなこだわりの積み重ねで達成出来ます。特定の製品(カメラ・レンズ・フィルム)を使えばそうなるといったシンプルなものではないです。

 


フィルムはどんどん絶滅してきています、昔と違い圧倒的にフィルムの種類は減っています。現在存在するフィルムはほぼ全て日本製です、世界中で統一見解で最高品質なのは日本製です。海外のフィルムも現行品はパッケージを見れば基本的にmade in JAPANです。

いわゆるユニークな写りのフィルムは表現方法の一つとして期限切れの崩れた品質を利用することも出来ます。

 


フィルムのISOは感度ともよばれます、これはデジタルのISOと同じで数値が高いほど明るいものです。フィルムとしては数値が低いほど高画質です、ISO値が高いフィルムは需要が少ない為に高価ですが高画質ではありません。

 


撮影に関するこだわりは使い込むほどに強くなります、初心者は一眼レフフィルムカメラで明るい単焦点レンズを使うのがいわゆる綺麗なフィルム写真を撮る近道です。その際フィルムのISOが100ならレンズの絞りは開放(f1.8や2位)でシャッター速度は125(明るい室内)か250(昼間の外)でちょうど良く撮影出来ます。ネガフィルムは現像時にシャッタースピード前後2段分の補正が入るらしいので露出ミスは普通ないでしょう、ポジフィルムだと上記の値で基本的に露出ミスは無いです(ポジフィルム数百本撮影した経験から)。

露出を測るのは基本的にそのシーンでの撮影の始めに一度だけです、正確な露出を知らないと不安だというかたは普通にスマホの露出計アプリを使用しましょう。人類史上最高精度の露出計です。

 


フィルムを最初にきちんとセットするのはちゃんと出来る様になりましょう、ギザギザの引っ掛かりがあまいと巻き上げ時に外れたり滑ったりします。それと欲張って最後の最後までフィルムを使おうとするのはやめましょう、フィルムの根本が千切れると巻き戻しができなくなります。

フィルムをちゃんとセット出来た感触と、フィルムの最後まで巻き上げてしまった時の感触はちゃんとわかるように自分で覚えましょう。でないと毎回フィルムの巻き上げ巻き戻しに不安感が残ります、撮影に集中することでフィルムカメラを使う満足感に大きな差が出ます。

 

フィルムカメラ初心者だと思う方はこういった部分を知っておくと便利です、私自身もこれらを早い段階で知ることが出来ていればずっと良かったです。

 

 

 

 

 美しく心穏やかな写真ライフを皆さんに

 

 

 

続く

 

Shiro

 

 

www.instagram.com

 

 

www.instagram.com

 

 ↓脱毛・スキンケアのオススメ特集

 

 

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

 

shirosmile.hatenablog.com

 

 

 

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

 

↓タピオカの東京・横浜オススメ特集

 

 

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

 

 

アロマテラピー検定の資格特集

 

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

 

 

↓スキンケアのオススメ特集

 

 

↓体のなかからスキンケア・ボディメイク

 

↓脱毛サポートに大切なスキンケア特集

 

 

美肌スキンケアを考える→

 

初・オーガニックのスキンケア < organic skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

ヘパリン類似物質 ヒルロイド < heparinoid / hirudoid / skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

高濃度ビタミンC リポスフェリック リプライセル 〈 lypospheric / lypricel / vitamin c / skincare 〉 - SHIRO ☆ SMILE

 

美肌になるために / 有効なスキンケア・サプリ・食べ物・化粧品は / 美肌成分のランキングに必ず入るVC < skincare vitamin c > - SHIRO ☆ SMILE

 

深紅のザクロ / スキンケア / 女性ホルモン / アロマテラピー < skincare aromatherapy > - SHIRO ☆ SMILE

 

美しいローズウォーター / 美肌スキンケアに / 華やかな香りに癒される < skincare rosewater aromatherapy > - SHIRO ☆ SMILE

 

初・脱毛 / 光脱毛・ワックス脱毛・医療脱毛・家庭用脱毛機・VIO脱毛・ハイジニーナ・除毛・抑毛 <hair removal> - SHIRO ☆ SMILE

 

脱毛の肌荒れ / 肌トラブル / 対処法 < hair removal skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

セラミドにアプローチのスキンケア < 米肌 maihada ceramide > - SHIRO ☆ SMILE

 

光脱毛の新しい機械・バイマッハ < hair removal bymach > - SHIRO ☆ SMILE

  

ローズウォーターの美容 / 美肌 / 美髪 / 癒し < rose water skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

アロマオイルマッサージ・エステ < aroma oil massage > - SHIRO ☆ SMILE

 

アロマオイルマッサージ・エステ・DDS・中国系 < aroma oil massage china > - SHIRO ☆ SMILE

 

アロマオイルマッサージ・エステ・完全個性 < aroma oil massage > - SHIRO ☆ SMILE

  

セルフネイルの方法 < マニキュア ネイルポリッシュ > - SHIRO ☆ SMILE

 

美肌をめざすスキンケア・洗顔・合成界面活性剤・固形石鹸 < skincare soap organic > - SHIRO ☆ SMILE

 

 

美容・フォトを検索 ↓

 

<  https://www.google.co.jp/search?q=site:https://shirosmile.hatenablog.com&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja-jp&client=safari  >

 

美容・フォトを検索 ↑

 

 

 ↓フィルムカメラ特集

 

 

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

 

 

↓気になる体臭のケア特集

 

↓ 本気でホームケアするならこちらご参考に

 

 

アロマテラピー検定1級に合格する為に / 試験対策と勉強法とコツ < aroma therapy aeaj >

タイトル <  https://shirosmile.hatenablog.com >

 

 

 

 

 

アロマテラピー検定1級に合格! *

 

アロマテラピー検定に興味があれば知っておきたいこと

 

先日AEAJから大きめな封筒が届き、ドキドキしながら中身を確認。

「合格」のお知らせでした(*^▽^)/★*☆♪

嬉しいです。独学で合格できました。

(合格証と共に上位資格の案内とアロマテラピーマガジンが送られてきました)

 

そこで、これから受験を考えている方の為に、アロマテラピー検定について実体験をまじえてお話していきたいと思います。

ご参考になればと思います(^-^)

 

  

 

香りで美しい瞬間を記憶する、自分の為に大切な人の為に。

 

 

 

人生の思い出を彩る香りの魅力を多くの方が知っています、その世界を広げましょう。

 

 

アロマテラピー検定

 

今現在、アロマを楽しんでいる方や興味がある方々いらっしゃると思います。

特に最近は加湿器やアロマディフューザーで比較的気軽に好きな香りを試せます。

素敵な香りで心身ともに癒されるとても魅力的なアロマです。

 

では「アロマテラピー検定」とは何なのか?

 

日本アロマ環境協会(AEAJ)主催の検定試験 になります。

 

主催のAEAJではこのように記しています。

 

アロマテラピー検定とは、アロマテラピーの効能が、家庭だけでなく、ビジネスシーンや医療・介護の現場でも注目されるようになり、安全に実践できる知識がますます求められています。アロマテラピー検定で基礎知識を習得することにより、さまざまな場面で植物の香りを役立てられるようになります。また、さらに学びを深めることで、アロマテラピーのプロフェッショナルを目指すこともできます。」

(公社) 日本アロマ環境協会 | 検定・資格 | アロマテラピー検定

 

↓体のなかからスキンケア

↑気になるムダ毛をケア

 

 趣味のアロマを通じて仕事やボランティア活動に繋げたり、逆にアロマに興味があるけれど始めるきっかけが欲しいときの入り口にしたり。

 

より正確な知識で安全にアロマを楽しむ為に活用できることになりますね。

 

では、アロマは香りのことですが、アロマテラピーとは何でしょうか?

 

↑最新ビタミンC誘導体はこちらから

 

 

www.instagram.com

 

アロマテラピーとは

 

AEAJでは以下のように記しています。

 

アロマテラピーとは、花の香り。フルーツの香り。森の香り。植物の香りは、私たちの心や身体にさまざまに働きかけます。アロマテラピーは、植物から抽出した香り成分である精油エッセンシャルオイル)を使って、心身のトラブルを穏やかに回復し、健康や美容に役立てていく自然療法です。」

 

(公社) 日本アロマ環境協会 | アロマを楽しむ | アロマテラピーとは

 

私的に言うと、素敵な香りで美容と健康の為に自分や大切な人を癒すこと、ですね。

 

 

↑おなかのスキンケア

 

具体的な検定や資格

 

AEAJ主催のものとして、アロマテラピー検定2級、アロマテラピー検定1級、アロマテラピーアドバイザー、アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクター、アロマブレンドデザイナー、アロマハンドセラピスト等があります。

 

入り口としてはまずアロマテラピー検定を受験することとなります。

 

そして、アロマテラピー検定1級に合格するとさらに他の資格取得に向けて動き出せるという流れになります。

 

 

 

並行して受けられる他の関連した検定としては環境カオリスタ検定と、新設されたナチュラルビューティスタイリスト検定があります。

 

こちらも楽しそうですね。興味があります。

 

AEAJによる説明はこうです。

ナチュラルビューティスタイリスト検定とは、大地に根づき、過酷な環境変化を乗り越えて生き続ける植物には、外的ストレスに対応する強いチカラがあります。ナチュラルビューティスタイリスト検定は、そのチカラを学び、旬の野菜やハーブ、睡眠や呼吸法などのカラダの内側からのケア、スキンケアやヘアケアなどカラダの外側からのケアに取り入れて、植物のチカラで、美しく健康的に輝く人を目指すための検定です。」

 

(公社) 日本アロマ環境協会 | 検定・資格 | ナチュラルビューティスタイリスト検定

 

↓心のリフレッシュ

 

www.instagram.com

 

アロマテラピー検定受験に向けて準備

 

まずは受験勉強の為にテキストが必要です。

 

公式テキストがありますので、それひとつで内容的には充分です。

これで勉強すれば独学で合格可能です。

 

他に関連参考書籍として数種類ありますので、それらで勉強する方も多いようです。

 

おすすめは公式テキスト&参考書です。

 

理由は、まず公式テキストは「公式」なので精神的にちゃんとしたもので勉強しているという安心感があります、これは初受験に向けて頑張る人にはかなり重要です。

 

そして予算的に大丈夫なら参考書も使いましょう。

 

イラストや説明の仕方にそれぞれの工夫がありますので、より覚えやすく勉強できるメリットがあります。かなり参考書としてのデザインに差がありますので2冊以上に目を通すとより理解しやすくなります。本屋さんにだいたいありますので使いやすそうなものを選びましょう。

 

 
 
重要な注意点がひとつ。

 

最新版の参考書を選びましょう。

 

公式テキストは時々改訂されています、検定は公式テキストの中から出題されます。

参考書は発売時期によって必ずしも最新に対応しているわけではないので注意してください。

 

↓上質なタオルで肌に優しく

 

www.instagram.com

 

 

 

そして次に、精油(エッセンシャルオイル)のサンプルセットが必要です。

 

これは検定の香りテスト用のものとして出題範囲の精油がセットで発売されています。

勉強用として小さなサンプルサイズです。

 

金額的にセットはかなり割安になっているのでこちらを購入しましょう。

 

私はどうせ使うならと個別に単品精油を探しまくりましたが、合計金額がとても高いです。

 

検定以外に使うためには好みのものだけを厳選して買いましょう、もったいないので。

 

↓本格スキンケアをはじめるならこちらから

 
 
ここでも重要な注意点がひとつ。

 

精油(エッセンシャルオイル)は経年劣化と揮発性があります。

 

古いものは劣化で香りが変わっていますので検定の勉強に使えません。また、古いと揮発してほとんど精油が容器のなかに残っていないことがあります。

 

アマゾンの中古出品者やフリマアプリの利用者も多いですが、受験勉強に役立てるために必ず確認しましょう。

 

 

最新新品テキストと精油セットはAmazon等の通販サイトや本屋さん、生活の木などアロマショップで取り扱っています。

 

 

 

ちなみにアロマテラピー検定受験に向けたスクールや通信教育も存在します。そちらで勉強される方は教材セットが用意されていると思います。

 

私は独学でアロマテラピー検定1級合格出来ましたので、同じように独学で頑張りたいという方やスクールにプラスして自習も頑張りたい方のご参考になればと思います。

 

↓肌に触れるから農薬に気をつけて

 

テキスト(参考書)と精油セットが揃ったら

 

受験に向けて勉強開始です。

 

アロマテラピー検定は試験日と申込期間がAEAJのホームページや公式のポスターやパンフレットで公開されますので、最新のもので自分が受けられるタイミングを確認しましょう。

 

受験料は6480円です。1級も2級も同じ金額です。

 

ちなみに両方同日に受験も可能です。

 

支払い手続きや申込期間、受験場所をしっかり確認して受験資格を取りましょう。

(公社) 日本アロマ環境協会 | 検定・資格 | アロマテラピー検定 | 受験要項・申し込み

 

試験は年2回各都市でマークシート式問題で行われます。

 

 

↑強く美しい素肌をめざすなら

 

 

www.instagram.com

 

 アロマテラピー検定の試験の本番

 

アロマテラピー検定に申込が完了したら自宅に受験票が送付されます。

 

ご自身の試験情報の詳細はそこに記載されていますので確認しましょう。

 

試験当日は受験票と筆記用具を持って試験会場に向かいましょう。

 

ちなみに私の場合は最寄り駅から直通の特別バスが沢山用意されていて会場への行き帰りはバスにぎゅうぎゅう詰めでした。

 

↓上質なスキンケアを試してみるならこちら

 

 

受験人数が多いので分かりやすいです、その代わりトイレは大変混みますので時間調整にご注意ください。

 

会場では受験票情報で自席に着きます、各教室に案内&監督係がいらっしゃいますので不安なときは確認しましょう。

 

私の教室は男女比は4:6くらいでした。事前情報では女子ばかりだと聞いていましたが結構男子もいました。

 

 

 

1級か2級どちらかなら特に食事は要らないです、教室に入り試験開始時間まで自習して待ちます、ほぼ全ての人がそうしています。飲食は教室内禁止です。荷物は足元に置くので少ない方が良いです。

 

時間になると注意周知があり、問題と解答用紙が配られ、香りテストの精油が二本配られます。

 

そして試験開始。

 

 

 

まずエッセンシャルオイルの種類を四択から選びマークシートに記入、そして精油が回収されます。

 

続けて筆記試験を進めていきます。特に考えて答えるものはなく、覚えているか分からないかのタイプの問題ばかりです。注意点は、答えるものが正しいものか誤ったものかどちらなのかが混在してますのでよく読みましょう。

 

香りテストは特に配点が高いようです。歴史の問題は比較的少ないですが確実に覚えてないと正解できないですね、選択肢に歴史キーワードがごちゃまぜで出てきます。一番多いのは精油のプロフィールとアロマに関する注意点の分野です。地球環境や嗅覚に関しては一般常識の分野だからかあまり出なかったです。

 

 

 

はっきり言ってかなり時間が余りますので、丁寧に答えていって大丈夫だと思います。

 

私は何度も見直しをしても30分以上余りました。時間をかけて答えを出すものがないので、わかるわからないでぱっぱと答え進んでしまいます。

 

マークシート方式なので解答欄がずれないように注意しましょう。

 

 終了時間になったら問題解答用紙両方を回収されて解散です。

 

帰りもトイレとバスは長蛇の列です。

 

 

今はツイッターでみんなツイートしますので、試験後に感想をつぶやいてツイッタランドで親近感がわきます。

 

香りテストの答え合わせも試験後にツイッターアロマテラピー検定と検索すれば多数決でだいたい分かります。

 

そして、約一ヶ月後に試験結果が送付されてきます。

 

↓気になる臭いをさっとケアするなら

↑心のリフレッシュのご参考に

 

www.instagram.com

 

 

具体的な試験勉強の方式とコツ

 

勉強は大きく3つに分かれます。

香り記憶知識暗記練習問題です。

 

まずは香りの記憶の勉強から見ていきましょう。

 

これは何かと言うと、アロマテラピー検定には香りテストというものがあります。

 

 

 

これは試験当日に配布される、サンプル精油2本の香りの名称を答えるものです。

 

毎回2問出題されます、暗記して答える筆記試験だけでは無く、実際にアロマをかぎ分けるテストです。

これは他の検定試験にはなかなか無いユニークなタイプですね。

 

本当にアロマテラピーに興味があり意欲のある方はむしろ楽しんで勉強できる要素かもしれません。

 

 

 

逆にその為、試験を受ける目的によっては、はじめから捨てている(この勉強はしない)人もいるようです。

 

しかし、この問題は全体の問題数からすれば少ないですが、特別に配点が高いという話をよく聞きます。

 

確実に合格したいと思うなら香りの勉強もしておきましょう、結構楽しみながら出来ます。

 

 

 

具体的にはこの検定試験用に用意され、市販されているアロマエッセンシャルオイルのセットがあります。

 

もし検定用にスクールに通っていたり通信教材を利用している場合は、テキストなどの教材セットに対象精油も含まれているはずです。

 

ご自身が受ける級のセットを手元に用意して、ひとつずつ香りを嗅いで、精油の種類を確認していきましょう。

 

 

試験範囲の香りには、これまでの日常生活で親しんでいるものもあるので、ご自身が特別に分かりにくいと思う精油を重点的に頑張りましょう。

 

例えばレモンやグレープフルーツ、オレンジスイートなどは分かりやすいと思います。ジュースやスイーツそのままの香りです。

 

他に全く聞いたことのない名前の嗅いだことのない匂いもあると思います。

 

そこは知識の勉強と平行して順に知っていきましょう。

 

 

www.instagram.com

 

 

精油のプロフィールを確認しながら、種類別に分類して、似ていると思う香りを意識し、嗅ぐ回数を重ねて、違いを認識していくのが良いです。

 

よく言われるコツとしては、匂いのイメージは個人的なものなので、自分がパッと感じる分かりやすい印象で覚えていって大丈夫です。

 

やっぱり自分がいい匂いだと感じるものと、逆に臭いと感じるものはインパクトがあるのですんなり覚えられます。

 

私はユーカリティーツリーが特別に苦手で、嗅いだ瞬間にうわっとなるのでほぼ嗅がずに試験に挑みました。

 

 

 

ある程度慣れてきたらですが、公式テキストの精油のプロフィールと写真を見ながら一緒に嗅ぐと、より実際的な認識ができるので、知識と合わせて勉強の仕上げが出来てオススメです。

 

 

大切な注意点ですが、何種類もの精油を長時間集中して嗅ぐと、ストレスと重なって体調をくずす恐れがあります。

必ず一定時間たったら、空間の空気を入れ替えてリフレッシュしましょう。

 

ちなみに連続して様々な香りを嗅ぐときは、間にコーヒーの香りを嗅ぐことを挟むと、嗅覚的な切り替えがしやすくて良いらしいです。

 

 

次に知識の暗記です。これは公式テキストを中心に参考書なども組み合わせて読み込んでいきましょう。

 

ネットで体験談などを見ると一読すれば充分とか三日で覚えられるとかいうことも書いてあります。

 

もちろんそれでオッケーという方は良いですが、確保できる勉強時間は人それぞれですので、ご自身が納得できるだけの時間をかけて勉強し、検定試験に出来るだけ不安無く望めるようにしたいですね。

 

 

 

勉強時間のアンケートなどを見ると、詰め込み勉強出来るなら約2週間、平均的には1ヶ月から3ヶ月が多いらしいです。ただ覚えるまでの時間はアロマの経験などを含めて個人差が有ります。個人的にはテキストを5から10回読めば大体は大丈夫かと思います。

 

 

www.instagram.com

 

 

検定試験範囲の概要

 

アロマテラピーの概念と精油の物質的特徴

アロマテラピーのメカニズムとして心身作用と人体機能の生物学的特徴

精油の作用と製造法

精油の種類と図鑑的プロフィールの暗記

安全で正しい使用法

アロマテラピーの利用法の種類と道具と注意点の暗記

心と体の健康に関するメソッドの暗記

アロマテラピーに関する歴史の流れと人物と著作物の暗記

地球環境とアロマテラピーの関連概念

アロマテラピーに関する法律の理解

 

上記のカテゴリーの内容を基本的には全て暗記することがアロマテラピー検定の勉強です。

 

他に香りを覚えることと精油コスメなどの製造の為の濃度計算式の暗記と計算が加わります。

 

実際の試験内容はキーワードがごちゃまぜになった選択式なので覚えていれば正解が分かりますが、覚えていなければ考えてもわからないです。

 

勉強期間が数日だけで大丈夫とうたっているネット情報もありますが、暗記量が多いので尋常ではない記憶力がないと数日で合格は無理だと思います。

 

テキストや参考書が一冊の本にまとまっていますので、覚えるまで繰り返し読むことが一番の近道です。

練習問題や一問一答は覚えきってなければやる意味はないと思いますが時間がある方は試してみてもいいかもしれません。

テスト形式のものを間違えたところを繰り返しやるというのは他の試験勉強なら有効かもしれませんが、これでは時間のむだ使いです、最初から正解を書き込んでそれを暗記する方が有効です、それよりテキストを読んで覚える方がさらに有効です。

 

アロマテラピー検定1級に合格したら

 

AEAJ入会・アロマテラピーアドバイザー認定講習があります。

より上位の資格に興味があれば、まずはここがスタートラインとなります。

アロマテラピーアドバイザーになると、趣味のアロマから社会的にアロマを仕事やボランティアとして扱える魅力があります。

 

AEAJへの入会は検定を受けなくても可能です。入会のタイミングとしてはアロマテラピー検定後が最も多いようですね。

入会し会員になるとアロマ関連の特典がいくつもあります。

一般的なショッピングもアロマ関連を扱っている該当のお店で割引やポイント加算などがあります。

生活の木やエンハーブ、mark&websなどの駅ナカのショッピングセンターにも多くあるので便利そうです。

 

アロマテラピーアドバイザー認定講習は、アロマテラピー検定1級を合格すると受講が可能になります。

これは全国のアロマ教室で実施しているものと、AEAJが会場を用意して実施するものとあります。

AEAJ実施の講習は申し込みと実施日時が限定されていますので、ご自身のタイミングに合わせられるか確認しましょう。

((公社) 日本アロマ環境協会 | 検定・資格 | アロマテラピーアドバイザー)

 

認定講師が在籍するアロマ教室やアロマスクールでは、より細かなスケジュールで実施されています。エリアや日時は調整しやすいでしょう。

 

AEAJ入会とアロマテラピーアドバイザー認定申込みは同時タイミングでも可能ですので、入会前でもアロマテラピーアドバイザー認定講習は受けることが出来ます。

 

私はアロマテラピー検定1級合格の通知を頂いてすぐにアロマテラピーアドバイザー認定講習を受講しました。

 

 

アロマテラピー検定合格後 / アロマテラピーアドバイザーになる為に < aromatherapy advicer > - SHIRO ☆ SMILE

shirosmile.hatenablog.com

 

一緒にアロマテラピーを楽しみましょう。

 

 

  • エステサロン・アロママッサージ

 

 

 

 

続く

 

 

 

 

shiro

 

 

↓脱毛・スキンケアのオススメ特集 

 

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

 

shirosmile.hatenablog.com

 

 

 

 

 

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

 

 

 

↓東京・横浜のタピオカおすすめ特集

 

 

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

 

 

美肌スキンケアを考える→

 

初・オーガニックのスキンケア < organic skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

ヘパリン類似物質 ヒルロイド < heparinoid / hirudoid / skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

高濃度ビタミンC リポスフェリック リプライセル 〈 lypospheric / lypricel / vitamin c / skincare 〉 - SHIRO ☆ SMILE

 

美肌になるために / 有効なスキンケア・サプリ・食べ物・化粧品は / 美肌成分のランキングに必ず入るVC < skincare vitamin c > - SHIRO ☆ SMILE

 

深紅のザクロ / スキンケア / 女性ホルモン / アロマテラピー < skincare aromatherapy > - SHIRO ☆ SMILE

 

美しいローズウォーター / 美肌スキンケアに / 華やかな香りに癒される < skincare rosewater aromatherapy > - SHIRO ☆ SMILE

 

初・脱毛 / 光脱毛・ワックス脱毛・医療脱毛・家庭用脱毛機・VIO脱毛・ハイジニーナ・除毛・抑毛 <hair removal> - SHIRO ☆ SMILE

 

脱毛の肌荒れ / 肌トラブル / 対処法 < hair removal skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

セラミドにアプローチのスキンケア < 米肌 maihada ceramide > - SHIRO ☆ SMILE

 

光脱毛の新しい機械・バイマッハ < hair removal bymach > - SHIRO ☆ SMILE

  

ローズウォーターの美容 / 美肌 / 美髪 / 癒し < rose water skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

アロマオイルマッサージ・エステ < aroma oil massage > - SHIRO ☆ SMILE

 

アロマオイルマッサージ・エステ・DDS・中国系 < aroma oil massage china > - SHIRO ☆ SMILE

 

アロマオイルマッサージ・エステ・完全個性 < aroma oil massage > - SHIRO ☆ SMILE 

  

セルフネイルの方法 < マニキュア ネイルポリッシュ > - SHIRO ☆ SMILE

 

美肌をめざすスキンケア・洗顔・合成界面活性剤・固形石鹸 < skincare soap organic > - SHIRO ☆ SMILE

 

 

 

美容・フォトを検索 ↓

 

<  https://www.google.co.jp/search?q=site:https://shirosmile.hatenablog.com&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja-jp&client=safari  >

 

美容・フォトを検索 ↑

 

 

 

 

↓スキンケアのご参考に

 

 

 

↓おすすめのスキンケア特集

 

 

 

↓脱毛サポートに大切なスキンケア特集

 

↓体のなかからキレイを目指す特集

 

 

フィルムカメラのオススメ

 

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

 

 

↓気になる体臭のケア特集

 

深紅のザクロ / スキンケア / 女性ホルモン / アロマテラピー < skincare aromatherapy >

www.instagram.com

 

*美しいオーガニックスキンケア・柘榴(ざくろ)の香り*

 

真っ赤に艶めくデザイン。美しいです。

 

ジェーンアイデール(janeiredale)のポムミスト。

 

オーガニックの厳しい基準エコサート認証。

 

 

有機ザクロとアロエなどボタニカルエッセンスを主成分にしたオーガニックエキスの化粧水です。

 

ボトルデザインの高級さからも伝わるハイクラスなローションですね。

 

華やかで甘い香りが印象的で繊細で洗練されたアロマを残します。

 

キャップやスプレーノズルまでデザインされています。

 

オーガニックザクロは高級ですが、女性ホルモンに似た性質の成分として化粧品で人気ですね、保湿や整肌、また部位に応じて抑毛や育毛などに効果的とされています。

 

美しい香りも魅力的で精神的ケアとしてアロマテラピー効果も高いです。

 

光と影を意識した撮影の被写体としてもデザインが綺麗で良いですね。

 

成分スペック、香り、デザインと多角的に高クオリティで素敵です。

 


#スキンケア #オーガニック #アロマテラピー #beautiful #skincare #organic #photography

 

 

youtu.be

 

 

 

続く

 

 

 

美肌スキンケアを考える→

 

初・オーガニックのスキンケア < organic skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

ヘパリン類似物質 ヒルロイド < heparinoid / hirudoid / skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

高濃度ビタミンC リポスフェリック リプライセル 〈 lypospheric / lypricel / vitamin c / skincare 〉 - SHIRO ☆ SMILE

 

美肌になるために / 有効なスキンケア・サプリ・食べ物・化粧品は / 美肌成分のランキングに必ず入るVC < skincare vitamin c > - SHIRO ☆ SMILE

 

深紅のザクロ / スキンケア / 女性ホルモン / アロマテラピー < skincare aromatherapy > - SHIRO ☆ SMILE

 

美しいローズウォーター / 美肌スキンケアに / 華やかな香りに癒される < skincare rosewater aromatherapy > - SHIRO ☆ SMILE

 

初・脱毛 / 光脱毛・ワックス脱毛・医療脱毛・家庭用脱毛機・VIO脱毛・ハイジニーナ・除毛・抑毛 <hair removal> - SHIRO ☆ SMILE

 

脱毛の肌荒れ / 肌トラブル / 対処法 < hair removal skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

セラミドにアプローチのスキンケア < 米肌 maihada ceramide > - SHIRO ☆ SMILE

 

光脱毛の新しい機械・バイマッハ < hair removal bymach > - SHIRO ☆ SMILE

  

ローズウォーターの美容 / 美肌 / 美髪 / 癒し < rose water skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

アロマオイルマッサージ・エステ < aroma oil massage > - SHIRO ☆ SMILE

 

アロマオイルマッサージ・エステ・DDS・中国系 < aroma oil massage china > - SHIRO ☆ SMILE

 

アロマオイルマッサージ・エステ・完全個性 < aroma oil massage > - SHIRO ☆ SMILE

 

 

  

 

 

Shiro

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめての脱毛おすすめ / 光脱毛・ワックス脱毛・医療脱毛・家庭用脱毛機・VIO脱毛・ハイジニーナ・除毛・抑毛 <hair removal>

タイトル <  https://shirosmile.hatenablog.com >

 

 

 

 

 

*脱毛 と スキンケア*

 

もっと綺麗になる為に自分に合う脱毛方法を知りましょう。

 

 

 

脱毛する為に知っておきたいこと

 

脱毛に興味がある方へのお話です。

 

心配なことや気になることなどのご参考にしてください(^-^)

 

 

 

私自身が脱毛を調べたいと思った時に、ネット検索してもしてもサロンやクリニックの宣伝がメインのページばかりです。

 

そのため実際に詳しい脱毛知識を集めるのに何十ものサイトを読み込みまくったという経緯があります。

 

脱毛に関連して病院皮膚科の光治療や美容皮膚科の美肌治療、脱毛機の開発インタビューや各種体験記や関連動画など、納得のいく必要な情報は多岐に渡り散らばっています。

 

それらがまとまっているのがあれば私もあんなに膨大な時間をかけて調べる必要もなかったです。

 

これから脱毛してみたい方や今現在の脱毛をもっと理解したいという方のお役に立てればと思います。

 

 

はじめに現在の「脱毛」とは

 

脱毛には医療脱毛・光脱毛・ワックス脱毛があります。

 

他にムダ毛のケアにシェービング(剃毛)・除毛・抑毛があります。

 

まずは自分がどのやり方でムダ毛の処理をしたいのか順に確認しましょう。

 

 

医療脱毛

 

医療脱毛とは、クリニックで受けるレーザー脱毛永久脱毛になります。

金額的には最も高くなります。

 

マイナーですが医療脱毛に近いものにニードル脱毛という毛1本ずつ施術する方法もあります、該当クリニックや可能部位が限定されます。

 

医療機関での処理になりますので万が一の肌トラブルにも医師が対応してくれる安心感があります。

 

特徴は、脱毛時の痛みが強いが毛根が壊れる為に比較的少ない施術回数で脱毛が完了します。

 

 

 

光脱毛(美容脱毛)

 

光脱毛とは、エステサロンで受ける半永久脱毛になります。

金額は各サロンやキャンペーンなどのタイミングにより異なります。

 

最も人気で現在では「脱毛」と言えばこちらを意味することが多いです。

こちらは毛根などにダメージを与える為に半永久脱毛と呼ばれます。

 

光脱毛はサロンによっては美容脱毛とも呼ばれます、その理由は使用される光がクリニックやエステサロンや美顔器でスキンケア目的で使用される光と同じ種類のため、美肌効果が期待できるからです。

 

そして光脱毛にはいくつか種類がありそれぞれの特徴があります。

 

今はIPL脱毛・SSC脱毛・SHR脱毛・IPL&SHR脱毛が主流です。

 

順に確認していきましょう。

 

 

IPL脱毛

 

エステサロンでの主流です。大手の有名な脱毛サロンはほぼこの方法ですね。

 

メラニンに反応する光を当てムダ毛の毛根にダメージを与えて徐々に毛を弱らせていきます。

 

毛周期という毛が成長するタイミングに合わせて施術のスケジュールを組みます。

 

肌の色素に光が反応するため、ほくろやアザや湿疹には白いシールを貼り隠します。

 

メラニンが濃いほど熱が伝わるので、色白肌で毛が黒く濃い状態の方が効果が高いです。

 

回数を重ねて毛が減っていくと熱が伝わるムダ毛が少なくなるのでだんだん熱さ痛さが減っていきます。

 

多くのエステサロンがあり、お店によって雰囲気やルールが違うので自分の好みに合わせて選びやすいですね。

 

 

SSC脱毛

 

ムダ毛の成長をジャマする成分を含んだ特殊な美容ジェルを塗り、その上に光を照射し肌に有効成分を浸透させます。

 

抑毛と毛根への熱ダメージの相乗効果で半永久脱毛していきます。

 

医療脱毛やIPL脱毛よりずっと痛みが少なく、美容美肌効果も期待できる方法です。

 

扱っているエステサロンが少ないので通えるエリアにあるか確認しましょう。

 

 

SSC脱毛は具体的には、トレジャービーンズと呼ばれるジェルに含まれる細かな粒をクリプトンライトという光で割りその抑毛成分を浸透させます、同時に光の熱でメラニン色素にダメージを与えて脱毛していきます。

このジェルに美容成分も配合しているため美肌エステ効果も期待できます。

 

ちなみに抑毛剤としてフィリニーブと呼ばれるものがあります、有効成分を組み合わせた美容液で、SSC脱毛のジェルに使用されています。

他にスキンケアの市販品だとノイスという抑毛商品に使われています。

 

 

SHR脱毛

 

一部の比較的新しいエステサロンで導入されてきている光脱毛です。

 

メラニン色素にダメージを与えるのではなく、バルジ領域という肌表面に近い部分に熱を蓄積させてムダ毛の成長をジャマします。それによって徐々に毛を減らし半永久脱毛させます。

 

その為、肌の色や毛の色に効果が左右されないため、色黒の方や薄いうぶ毛、アザやほくろなど気にせず大丈夫です。

 

毛根に熱ダメージを与えるのではないため、毛周期も関係ありません。

 

同じように毛根に直接のダメージは無いため施術後にムダ毛が抜け落ちることもないです。

イメージとしてはだんだん薄く弱い毛になり消えていく感じです。

 

光脱毛の中では最も痛みが少ないです。

個人差はありますが、早くて約2週間毎に照射出来るので、完了までの期間が最も短くなる傾向にあります。

 

 

 

家庭用脱毛機(光脱毛器)

 

家電量販店や通販で買えるハンディタイプの脱毛機で、これは主にIPL脱毛です。

 

世界中の誰でも簡単に安全に使えるように設計デザインされています、その為に光の強さはエステサロンの業務用よりずっと弱いです。

 

様々なブランドやメーカーから発売されています、金額は現在は二万円から十万円位です。

 

単発での効果は上記の店舗脱毛より確実に弱いですが、体質や長期使用で脱毛効果はあります。

 

商品例としてはケノン・スムーズスキン・パナソニック・ヤーマン・ラヴィ・フィリップス・ブラウンなどのフラッシュ式というIPL脱毛機があります。

 

他にトリアという脱毛機は唯一のレーザー脱毛機です、ダイオードレーザーを利用した家庭用です。

開発インタビューによるとクリニックのレーザー脱毛の約7分の1のパワーとのこと。

特許の関係で他社にはレーザー脱毛の家庭用は扱えないようですので、文字通り唯一の市販品のようです。

 

家庭用脱毛機器は各注意点をそれぞれ確認して説明書通りに使用しましょう。

 

 

 

ワックス脱毛(ブラジリアン脱毛・シュガーリング・毛抜き)

 

ムダ毛を物理的に引き抜く脱毛行為です。

 

ワックス脱毛にはソフトワックス・ハードワックスとあり、使用するワックスの固さの違いです。

 

ワックス剤に毛をからませて引き抜きます。

 

最も痛みが強い脱毛方法ですが、一度に広範囲の処理ができます。

 

ブラジリアン脱毛はワックス脱毛のことです、この方法がブラジルで流行っていたための呼び名です。

 

 

 

シュガーリングはワックス剤の代わりに溶かした砂糖を使って毛をからませて引き抜きます。

 

いわゆる水飴みたいなものです。成分が水と砂糖と時々レモン汁のみです。

 

比較的狭い範囲を順に処理するためワックス脱毛よりは痛くありません。

 

そのため、家でもできて安くて簡単で体に悪そうな成分無しと人気が出ています。

 

 

 

毛抜きは文字通りピンセットや毛抜きを使ってムダ毛を引き抜きます。

 

一本か数本ずつ抜くため細かな部位を得意とします。

 

肌の角質にダメージが無く、引き抜き失敗が無く確実に抜くので、その意味では無駄な痛みはないです。

 

基本的にはワックス脱毛やシュガーリングの仕上げ処理と組み合わせます。

 

 

シェービング(剃毛)

 

ムダ毛を剃ることです。T字カミソリやI字カミソリや電気シェーバーで毛を刈ります。

 

日常的にシェービングをする方も多いです。

 

ちなみに医療脱毛も光脱毛も施術を受ける前に毎回必ずシェービングをします。

 

時々肌のためにシェービングを止めて光脱毛しましょうという情報がありますが、医療脱毛も光脱毛も完了するまでの長期間は施術の為に毎回シェービングが必須です。

正しくはシェービングしながら光脱毛です。

 

ちなみにワックス脱毛・ブラジリアン脱毛・シュガーリングをエステサロンや脱毛サロンで受ける場合はシェービングをしてはいけません、必ず毛を伸ばしてから施術を受けます、毛が絡まないと抜けないからです。

 

除毛

 

除毛は脱毛とは違います。肌の表面に出ている部分の毛を取り除きます。

 

市販の除毛クリームや除毛スプレーを使用し、たんぱく質分解成分の作用でムダ毛を溶かします。

 

肌と毛のたんぱく質はそれぞれ構造が違うため、毛に強く作用する種類のたんぱく質分解成分が使われています。

 

ちなみに爪も毛と同じ種類の構造なので絶対に爪には付かないように注意してください。爪は溶けます。

 

肌にも多少は影響があるので商品の注意書を厳格に守って使用しましょう。

 

色々なメーカーから出ていますが、敏感肌用やデリケートゾーンOKなもの、スキンケア成分や抑毛成分が一緒に配合されているなどバリエーションがあります。

 

除毛成分の濃度に違いがあるので、強め弱めどちらで試したいのか確認しましょう。

一部にメンズ用とカテゴライズしている商品もありますが、基本的に男女差はありませんので、男女共に含めた中での体毛の濃さを考慮しましょう。

 

ちなみにスキンケアの肌のたんぱく質分解成分の製品はAHAやBHAのピーリング、尿素、硫黄、酵素洗顔があります。

全て除毛の成分とは違います。

 

 

抑毛ローション(抑毛クリーム)は毛の発育をジャマする成分ものです。

除毛ではありません。

 

主に女性ホルモン類似成分を配合しています、その為育毛剤とも類似成分が多いです。

 

理由は単純で、女性ホルモン値が高い人は体毛が薄く髪が多いとされているので、体には抑毛効果・髪には育毛効果が期待できると考えられているからです。

 

化粧水や美容液のタイプが多いですね。 オーガニックや高浸透タイプなど成分全体にこだわりが強い商品が多いので、比較的高価です。 脱毛サロンでもよく取り扱ってます。

 

具体的な商品だと、子供から使える優しい成分をアピールしているコントロールジェル、成分をナノ化し高浸透成分も配合した強力タイプのゼロファクター 、ダイズイソフラボンをメインにした保湿タイプのパイナップル豆乳ローション、抑毛成分のフィリニーブを配合しているノイス、ほかいくつもの市販品やサロン品があります。

 

抑毛といえばポピュラーなのが大豆イソフラボンです。美容液ではダイズ種子エキスが有名です。イソフラボンの女性ホルモン類似効果で発毛を抑制する効果が期待できます。

 

肌に塗布することはもちろん、より高浸透効果を狙って美顔器や美容施術も考えられます。

ただ、イオン導入ではイソフラボンは分子サイズが大きすぎて難しいようです。

 

また食事やサプリメントでの摂取でも効果が期待できます。ちなみにイソフラボンば体内で分解消化出来る人と出来ない人がいるようです。その検査も存在します。

サプリメントではエクオールというイソフラボンが分解された成分でも市販があります。

 

 

 

シンプルに脱毛の種類の比較

 

医療脱毛はレーザーで毛根を破壊して永久脱毛する、高額・痛みが強い・回数が少ない・医師のサポートがある。

 

光脱毛は光(フラッシュ)で毛根などにダメージを与えて半永久脱毛する、金額に幅がある・医療より痛みが弱い・回数が多い・サロンが豊富なので選択肢が多い・美肌効果も期待できる。

 

ワックス脱毛(ブラジリアン脱毛)やシュガーリングは毛を引き抜く、安い・痛い・約1ヶ月で元通り・肌荒れしやすい・自分でも出来る・サロンは少なめ。

 

シェービングと除毛は肌表面の毛を除去する、自分で出来る・すぐ伸びる・カミソリやシェーバーや除毛剤が安価。

 

抑毛はムダ毛の成長を抑える、脱毛や剃毛や除毛にプラスして行うことで効果が期待できる、抑毛剤は化粧水や美容液として色々なメーカーが出している。

 

関連した美肌治療と美肌エス

 

皮膚科や美容皮膚科やクリニック、エステサロンや家庭用美顔器を調べると「光」を利用したものが多くあります。

 

それぞれどういったものがあるのでしょうか?

 

皮膚科には光治療があります、これはシミやニキビ、ニキビ跡などの改善目的です。おもにIPLやLEDの光で皮膚に刺激を与えて肌再生を促すものです。

 

 

美容皮膚科クリニックでは呼び名や施術に細かな差が多いです。名称はフォトフェイシャルや光フォト、光フェイシャルやその他独自のネーミングがあります。クリニックオリジナル名や機器メーカーの商品名だったりします。

 

主な共通点はIPLやLEDの光で皮膚に刺激を与えて肌再生を促しシミやニキビの改善や美肌効果を期待するものです。クリニックで金額や部位に大きな差があります。

 

似たものにCO2レーザー(炭酸ガスレーザー・フラクショナルレーザー)があります、これは物理的に肌を削いで新たな肌の再生で改善を期待するものです、ほくろやイボやシミやニキビなどが対象です。

 

他にイオン導入やエレクトロポレーションがあり、これらはビタミンC誘導体やグリシルグリシなどの美容成分を皮膚に浸透させるものです。

 

あとは美容点滴美容注射で、ニンニク注射や高濃度ビタミン点滴、プラセンタ注射などがあります。最近は水光注射や白玉点滴といった名称でアミノ酸とビタミンを合わせた施術も人気です。インスタグラマーなどのインフルエンサーの宣伝広告が比較的多いようです。

ちなみにニンニク注射はビタミン剤です、においがニンニクっぽいのでそう呼ばれています。

 

エステサロンでも光フェイシャルや光フォトのネーミングで美肌施術があります、IPLやLEDで肌に刺激を与えて美肌効果を期待します、大抵はフェイシャルマッサージやパック化粧水乳液美容液ケアなどとセットになっています。

 

 

家庭用の美顔器は光系はIPLやLEDです、こちらは値段はピンキリです、種類も豊富でデザインも様々。市販の為に世界中の誰にでも安全に使えるように設計されていますので使用法を各々確認しましょう。

 

 

IPLとLEDと脱毛と美肌の差は

 

脱毛にはIPL、美肌にはIPLとLEDが使われます、その違いは何なのでしょうか?

 

基本的にはクリニックやサロンで技術的に変えているわけでなく、使用している機器の元々の使い方の違いになります、その為詳しい情報をもし調べたい場合は美容機器メーカーの情報にアプローチするとよいです。

サロンの説明はそのパンフレットから抜粋して案内説明をしています。

 

基本的な理解としては光の出力の差です、高出力か低出力かで光の波長の違いも関連して、毛根か皮膚かアプローチに有効な箇所に差がでます。

基本的にメーカーの機器の説明書の使用法になりますので、他の付加機能で美肌に関連したものがあったりします。

 

LEDは最近普及しているライトのLEDそのものです。

有害な紫外線などを含まない為に光刺激の作用で肌再生を促し美肌効果を期待します。

もとのきっかけは宇宙飛行士が帰還した時に肌が綺麗になっていたことから、宇宙船の中で浴び続けていた室内LEDライトが原因だとして研究が進んだらしいです。

色によって有効さが異なるとされている為いくつかのカラーLEDが利用されています。

 

IPLはフラッシュライトで主にメラニン色素などに反応します、高出力から低出力まであり、毛根には高出力が良いですがその周りの皮膚が火傷しますのでパワーを調節します。

 

肌にダメージが少ない程度にしたものが主に脱毛に、肌にダメージが無いレベルにしたものが主にエステ(フェイシャル)として使われます。

 

 

脱毛サロンの探し方

 

一番良いのは、上記の説明から自分が最も興味がある種類を選んで、通えるエリアと合わせて、検索して行ってみることです。

 

ここで判断できて自分磨きに脱毛を取り入れられれば一番スムーズですね。

 

とは言っても、やっぱりちょっと迷っちゃうと思います。なので判断の参考になるポイントを考えていきましょう。

 

まず考慮したいのご自身のことです、脱毛は一回でパッと完了することではないので、時間的・金銭的・精神的な余裕が必要です。

 

事前調べで脱毛関連の情報を調べると、だいたいどのサイトやブログや雑誌なんかでも、金額と痛みについてがポイントとして比較されたりオススメ理由になっています。

 

しかしこれはあまり決め手になりません。実際に脱毛にトライしたことがある方ははっきり言ってわかると思います。

 

まず金額は事前の広告アピールの値段から上下することがほとんどです。

脱毛完了までの回数が人によって結構違いますし、関連出費がかさむ場合もあります。

 

具体的には10回で脱毛効果に満足する人もいれば20回かかる人もいます、回数によって合計金額の上下が逆転することもあります。

 

この差は事前にサロン比較での金額の差が意味をなさないほどの額です。それと関連出費では会員権の購入や、関連美容品の購入や医療脱毛では毎回の診察料金や処方箋代等があります。

 

次に痛みです。

 

痛いのが苦手とか怖いというのは誰でもあります。

 

しかし脱毛の痛みは個人差がもともと大きいです、部位によっても差があります、更に体調や精神状態によっても大きく変わります。

 

その為事前に考えてもほぼ意味はありません。脱毛はどれも多少は痛いです、これだけ認識して覚悟していれば充分です。

 

脱毛方法による判断は、まず医療脱毛は病院や医師が関係しているから安心できる、という人は医療脱毛にしましょう。

 

精神的な安心感は非常に重要です、サロンに通っていて後でやっぱり医療のが良かったかもと思うのは金銭的にも精神的にも良くないです。

 

病院だからいいはずだとまでは思わない、という方はサロンも考慮しましょう。

 

美容として脱毛を考えた場合は、美肌の為の知識や技術、スキンケア用品が豊富なサロンにメリットがあります。

 

医療脱毛はいわゆる病院という雰囲気が多いですが、サロンはラグジュアリー感やリラックスできる雰囲気等のサービスが勝っています。

 

エステサロンでの脱毛に興味があって、脱毛種類の違いも考慮して決めたい場合は、都度払いのサロンで一回受けて実際の感覚を自己体験しましょう。

 

大抵は新規クーポンで都度払い数千円で出来ますし、そういうサロンは勧誘もほぼないです。

 

業務用脱毛機のメーカーは少ないのでIPLなど同一方式ではどこも機械施術の感じは同じです。

 

 

 

光脱毛をサロンでとなると重要なのはエリアと雰囲気です。

 

まず大手サロンは各主要駅に出店していますのでどこの方でも転勤のある方でも通いやすいですね。

 

店舗確保が優先なので店構えの雰囲気よりも、担当してくれるスタッフさんの対応で雰囲気の良し悪しが決まります。

 

大手はキャンペーンや部位の組み方によって金額が変動しますので、最新の情報を確認して判断しましょう。

 

良くも悪くも気軽さがあるでしょう。

 

比較的小規模のサロンでは、まずご自身の行けるエリアで確認します。

そのエリアにあるサロンはどんなところなのかという順です。

 

こちらはお店の雰囲気がそのまま居心地になります、担当してくれるスタッフも毎回同じ方かオーナーさんや店長さんといった方になるでしょう。親切、親身、落ち着く、通うのが楽しくなることが多いと思います。

 

機材については大手も含めどこも数少ない脱毛機メーカーの営業から採用してますので、特に大きな差はないです。

 

だいたいのサロンではエステメニューも充実してますので、脱毛前後のスキンケアや有効な美容液成分、相乗効果を高める抑毛ローションの相談も出来ます。

 

大手では脱毛マニュアル以外は話せなかったりマニュアル営業でスキンケア製品のセット販売位でないと話せないでしょう。

医療脱毛の場合は炎症時の抗生物質ステロイドの処方がメインの様です。

肌トラブルでは毛のう炎等の炎症が最も多いので、皮膚科で診てもらうのと同様ですね。

 

ですのでこの場合のメリットは落ち着ける雰囲気の良さが大きいです。

 

実際の脱毛サロン探しのネット検索の方法ですが、まず一番はホットペッパービューティーです。

 

こちらから

こちらから

 

これは有名なので使っているかたも多いでしょう。まだ使ったことがないかたはこれを機に見てみてください。

 

ポイントは、エリアから脱毛サロンを探すことと、サロンの店舗情報とスタッフとクーポン、脱毛以外に提供しているエステ等のサービス、サロンブログや口コミがまとめて確認出来ることです。

 

小規模サロンはもちろん、大手もよく登録していますので、自分が現実的に通えるエリアで絞りこむことが出来ます。

 

こちらから

こちらから

 

ネット検索でエリアと脱毛で検索した場合は広告サイトや宣伝ブログが入り交じってしまい、関連情報の過多になるので、ピンポイントのリサーチが出来る方法も合わせると分かりやすくなります。

 

↓気になる脇の美白ケアはこちらから

↑気になる脇の美白ケアはこちらから

 

 

  • ワックス脱毛(ブラジリアン脱毛)の体験

 

  • SHR光脱毛の体験

 

  • SSC光脱毛の体験

 

  • 全身脱毛(顔・VIO含む)の体験

 

  • 脱毛と肌トラブルとスキンケア

 

脱毛の肌荒れ / 肌トラブル / 対処法 < hair removal skincare > - SHIRO ☆ SMILE

shirosmile.hatenablog.com

 

 

 

 

続く

 

 

shiro

 

 

 

美肌スキンケアを考える→

 

初・オーガニックのスキンケア < organic skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

ヘパリン類似物質 ヒルロイド < heparinoid / hirudoid / skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

高濃度ビタミンC リポスフェリック リプライセル 〈 lypospheric / lypricel / vitamin c / skincare 〉 - SHIRO ☆ SMILE

 

美肌になるために / 有効なスキンケア・サプリ・食べ物・化粧品は / 美肌成分のランキングに必ず入るVC < skincare vitamin c > - SHIRO ☆ SMILE

 

深紅のザクロ / スキンケア / 女性ホルモン / アロマテラピー < skincare aromatherapy > - SHIRO ☆ SMILE

 

美しいローズウォーター / 美肌スキンケアに / 華やかな香りに癒される < skincare rosewater aromatherapy > - SHIRO ☆ SMILE

   

セルフネイルの方法 < マニキュア ネイルポリッシュ > - SHIRO ☆ SMILE

 

美肌をめざすスキンケア・洗顔・合成界面活性剤・固形石鹸 < skincare soap organic > - SHIRO ☆ SMILE

 

初・脱毛 / 光脱毛・ワックス脱毛・医療脱毛・家庭用脱毛機・VIO脱毛・ハイジニーナ・除毛・抑毛 <hair removal> - SHIRO ☆ SMILE

 

脱毛の肌荒れ / 肌トラブル / 対処法 < hair removal skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

セラミドにアプローチのスキンケア < 米肌 maihada ceramide > - SHIRO ☆ SMILE

 

光脱毛の新しい機械・バイマッハ < hair removal bymach > - SHIRO ☆ SMILE

  

ローズウォーターの美容 / 美肌 / 美髪 / 癒し < rose water skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

アロマオイルマッサージ・エステ < aroma oil massage > - SHIRO ☆ SMILE

 

アロマオイルマッサージ・エステ・DDS・中国系 < aroma oil massage china > - SHIRO ☆ SMILE

 

アロマオイルマッサージ・エステ・完全個性 < aroma oil massage > - SHIRO ☆ SMILE

 

 

美容・フォトを検索 ↓

 

<  https://www.google.co.jp/search?q=site:https://shirosmile.hatenablog.com&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja-jp&client=safari  >

 

美容・フォトを検索 ↑

 

 

 

 

 

↓スキンケアのご参考に

 

↓本気の家庭用脱毛機はこちら

 

 

↓体のなかからキレイにオススメ

 

 

↓本格的スキンケアをはじめるなら

 

アロマテラピーが好きならご参考に

 

 

↓効果的なスキンケア特集

 

↓元気な素肌をめざすスキンケア特集

 

↓気になるワキのにおいのケアに

 

↓脱毛のサポートにオススメなセルフケア特集

 

 

↓家庭用スキンケアマシン特集

 

 

 

 

↓スキンケアとムダ毛の自己処理の特集

 

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

 

 

 ↓アロマテラピー検定のオススメ特集

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

 

 

↓タピオカ東京・横浜とフィルムカメラのオススメ特集

 

 

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

shirosmile.hatenablog.com

 

はじめてのオーガニックのスキンケア / バリア機能のメリット < organic skincare >

 

 

*オーガニックコスメで肌が美しく強くなる*

 

  • スキンケアでオーガニックの理由は

 

最近とても人気の日本ブランド・海外ブランドのオーガニックスキンケアコスメ。

 

スキンケアに興味があり頑張る人は必ずと言って良いほどオーガニックのメリットに気が付きます。

 

何故オーガニック魅力があるのか?

 

スキンケアで美肌とは何なのかを調べていくと、たどり着くのは「健康な肌」となります。

 

肌荒れや肌トラブルの解決に、皮膚科での診察と処方薬は結局一時的な対処療法に過ぎない為、根本の解決にはなりません、それに処方薬は必ず副作用があり他のトラブルを招きます。

 

 

ではどうすれば最も良いのか、健康な肌とは何なのか?

 

それは肌のバリア機能が強くターンオーバーが正常であることです。

 

誰しもが理想的な肌と考えるのが赤ちゃんの肌、それはナチュラルで強く美しい状態です。

 

そこでオーガニックのスキンケアの魅力が見えてきます。

 

  • オーガニックのスキンケアは肌がもつ本来の再生力や強さを取り戻すサポートをしてくれる

 

肌の健康を実践的に考えると、まず何が肌にダメージを与えているのか、スキンケアレベルで避けた方が良いのは何なのか、すっぴんの状態での健康な肌に導くサポートに有効なのは何か、となります。

 

  • 合成化学物質からくるダメージを避ける

 

全てが悪いわけではないです、目的に応じた適材適所です、より美しい仕上がりを求めるコスメのレベルでは活用出来ます。

 

しかし素肌を強く美しくするスキンケアレベルでは合成化学物質は少なければ少ないほど良いです。

 

その理由は「インナードライ」と「バリア機能の低下」です。

 

最近では宣伝文句でもよく使われるので聞いたことある方も多いでしょう。

 

では具体的にはどういうことでしょうか?

 

  • インナードライとは

 

具体的にインナードライとはどういう状態なのか、ここまではイマイチはっきりしない方も多いようです。

 

インナードライとは、肌の表面は比較的良い状態に見えるけれど、そのすぐ下の細胞が水分不足になっている状態です。

 

スキンケアをしているのにも関わらずその状態になる、その理由の多くが合成化学物質である場合が非常に多いのです。

 

  • バリア機能の低下とは

 

皮膚がもつ本来の目的は体の外からくるダメージを防ぐことです、体内に悪影響があるものが入らないように出来るだけ防御することです。

 

その機能がスキンケアレベルで弱まると肌荒れや肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

 

スキンケアをしているのにバリア機能が低下する多くの原因も合成化学物質であることが非常に多いのです。

 

 

  • スキンケアと合成化学物質

 

具体的に合成化学物質のメリットデメリットとは何なのか?

 

そもそもスキンケア商品に合成化学物質を使っているものがあるのにはその理由があるはずです。

 

 

 

まずは保存性能を高める為です。

 

スキンケアは肌というタンパク質をケアするのでいわゆるナマモノです。

 

当然に経年劣化しますし腐ります、高温多湿な環境などだとさらにそのスピードは早まります。

 

 

商品ですので出荷・配送・倉庫管理・店棚までの私たちの手元に渡るまでに不安定な環境を辿ります。

 

だいたい一般的な化粧品は製造から約1年から3年は経過してお店に並ぶようです。

 

 

さらに海外からの輸入化粧品や輸入原料は船便などでさらに環境も悪く時間もかかっています。

 

特に赤道を通る場合は輸送コンテナの中は約80度と大変高温多湿になる場合もあるようです。

 

その環境でも腐らないように防腐剤・保存料として合成化学物質を配合します。

 

これが強力な為にスキンケアにとってはデメリットになりうる成分となります。

 

 

オーガニックのスキンケアの定義は日本では曖昧なので一概には言えませんが、合成化学物質を気にしているオーガニックのものは強力な防腐剤は使わないので商品品質維持の為に出荷輸送管理まできちんとしています。

 

ちなみに、実使用時のこととしては、クリームなどの雑菌が入りやすいタイプはより多くの防腐剤を配合する傾向があります。

 

 

他に防腐剤などを減らすために、化粧水や美容液では容器自体に工夫をしてエアレス構造の容器でデザインしているブランドも増えてきています。

 

 

 

次に質感を高める為です。

 

スキンケアとして肌につけた時にどんな感触なのか、ブランドイメージや効果がありそう感を演出する為に合成化学物質を使用します。

 

 

。理想の肌に近づく為には

 

合成化学物質の効果も一長一短あり、用途に応じて細かくいくつもの化学物質成分がありますが、大きく一括りに「合成ポリマー」「合成界面活性剤」と呼びます。

 

 

合成ポリマーの具体的な目的は、はとろみを出したりジェル状にして扱いやすくすること、そして塗布した後の肌の感触にツヤとハリを出して演出する為です。

 

夏の清涼感のイメージやメンズスキンケアに比較的多く、ジェル化粧品のジャンル作りの為が多いですね。

 

エイジングケアをうたったスキンケアでは特にツヤとハリを出す為が多いようです、これは合成ポリマーは時間が経つとやや縮む状態になり肌表面を若干引っ張る効果が出てハリが出る為です。

 

 

しかし、肌表面の合成ポリマーはその下の水分を吸い上げていく傾向がある為に、肌表面下の細胞が水分不足になりやすく、その結果インナードライに傾く場合があります。

 

その上、乾燥は肌のバリア機能低下にも繋がります。

 

オーガニックのスキンケアでは植物由来(ハーバル)の成分の元々のとろみを利用したりして合成ポリマーを避ける工夫があります。

 

 

合成界面活性剤の目的は主に水と油を混ぜることです。

 

本来オイルは水を弾き一体化しません。美容オイルの特徴を取り入れ、乳液やクリームを作るために配合します。

 

肌は親油性ですのでこの合成界面活性剤の効果で水と油の両方が浸透しやすくなります。

 

よく言えば有効成分が届きやすくなる、逆に防腐剤や保存料も浸透しやすくなるし日常的な雑菌なども。

 

言い換えれば肌のバリア機能が低下する要因となります。

 

 

 

  • 合成ポリマーや合成界面活性剤を出来るだけ避けて肌のバリア機能を高めたい

 

素肌を強く美しくするスキンケアを追求すると合成化学物質を避けたオーガニックのスキンケアコスメが魅力的となります。

 

 

  • オーガニック(有機・無農薬) の基準は

 

日本ではオーガニックのスキンケアやコスメの基準は曖昧です。

 

そのため日本ブランドのものはよくブランドのコンセプトやこだわりを確認しましょう。

 

一部の成分にオーガニックや有機のものを使っているだけのものから、ほぼ全ての成分が無農薬オーガニックやキャリーオーバー成分にもこだわっていたり、オーガニックのアロマオイル(精油エッセンシャルオイル)を使用したものまで、ピンキリです。

 

ちなみに有機は農薬が少なめを意味し、無農薬とは違います。

 

 

成分に農薬使用のものがあればつまりスキンケアで農薬を塗っているということになりますので気にする方が良いですね。

 

知っておきたいのは、海外はオーガニックの基準が厳しいところが多いので、エコサートなどのオーガニック認定がついているものがほとんどだということです。

 

さらに海外地域によってはオーガニック100%でないと販売出来ない法律がある場合もあるくらいです。

 

 

化粧品だけでなくナチュラル志向の向上もあって、食べ物においてもヴィーガンなど自然を意識したカテゴリーも広まってきました。

 

高濃度ビタミンCサプリで飲む美容注射とも言われ爆発的人気のリプライセルもヴィーガンであることをアピールしています。

 

ちなみに蜂蜜(ハチミツ)も海外では非常に厳しい基準があります。日本国内では広まっていませんが、海外では蜂に抗生物質(病気を防ぐが食物に混じると人体に悪影響が有るとされている)を投与してはいけない事と、蜜を集める為の花に農薬を使ってはいけない(無農薬オーガニック)、さらに栄養素の破壊や糖度と色の加工防止の為に非加熱である事などのルールがあります。

 

 

  • オーガニックスキンケアのブランドは

 

ラクル(メゾンレクシア・北海道)

山澤清(スプール研究所・ぷろろ・建美堂・白樺)

クレコス(クオン・奈良)

アムリターラ(ハマナス)

ETHICO

ボンヌプランツ(スイーツソーパー)

ハナオーガニック(えそらフォレスト・HANAオーガニック)

ブルークレール(白神)

シンピュルテ(ジョンマスターオーガニック)

バネッサミーガン

ジェイドブラン

アルテヤオーガニック

 

 

  • 体内からのスキンケアは

 

ビタミンC

ビタミンA(ベータカロテン)

鉄分

乳酸菌

セラミド

DHA

アントシアニン

プラエリア 

アスタキサンチン

クオール 

アミノ酸

アルギニン&シトリン

玄米オイル(無農薬)

あまにオイル(サチャインチオイルも)

 

 

続く

 

 

 

www.instagram.com

- - - - SHIRO - - - - on Instagram: “優しい自然に触れるとほっとするのはみんな一緒。”

www.instagram.com

 

www.instagram.com

- - - - SHIRO - - - - on Instagram: “ローズの爽やかな瑞々しい香りに包まれる瞬間、素敵ですよね☆”

 

 

美肌スキンケアを考える→

 

初・オーガニックのスキンケア < organic skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

ヘパリン類似物質 ヒルロイド < heparinoid / hirudoid / skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

高濃度ビタミンC リポスフェリック リプライセル 〈 lypospheric / lypricel / vitamin c / skincare 〉 - SHIRO ☆ SMILE

 

美肌になるために / 有効なスキンケア・サプリ・食べ物・化粧品は / 美肌成分のランキングに必ず入るVC < skincare vitamin c > - SHIRO ☆ SMILE

   

セルフネイルの方法 < マニキュア ネイルポリッシュ > - SHIRO ☆ SMILE

 

美肌をめざすスキンケア・洗顔・合成界面活性剤・固形石鹸 < skincare soap organic > - SHIRO ☆ SMILE

 

深紅のザクロ / スキンケア / 女性ホルモン / アロマテラピー < skincare aromatherapy > - SHIRO ☆ SMILE

 

美しいローズウォーター / 美肌スキンケアに / 華やかな香りに癒される < skincare rosewater aromatherapy > - SHIRO ☆ SMILE

 

初・脱毛 / 光脱毛・ワックス脱毛・医療脱毛・家庭用脱毛機・VIO脱毛・ハイジニーナ・除毛・抑毛 <hair removal> - SHIRO ☆ SMILE

 

脱毛の肌荒れ / 肌トラブル / 対処法 < hair removal skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

セラミドにアプローチのスキンケア < 米肌 maihada ceramide > - SHIRO ☆ SMILE

 

光脱毛の新しい機械・バイマッハ < hair removal bymach > - SHIRO ☆ SMILE

  

ローズウォーターの美容 / 美肌 / 美髪 / 癒し < rose water skincare > - SHIRO ☆ SMILE

 

アロマオイルマッサージ・エステ < aroma oil massage > - SHIRO ☆ SMILE

 

アロマオイルマッサージ・エステ・DDS・中国系 < aroma oil massage china > - SHIRO ☆ SMILE

 

アロマオイルマッサージ・エステ・完全個性 < aroma oil massage > - SHIRO ☆ SMILE

 

 

Shiro

 

 

 

 

- - - - SHIRO - - - - on Instagram: “丁寧さを意識する瞬間が増えるほどに、自分の笑顔が増える気がします。”

www.instagram.com

 

 

美容・フォトを検索 ↓

 

<  https://www.google.co.jp/search?q=site:https://shirosmile.hatenablog.com&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja-jp&client=safari  >

 

美容・フォトを検索 ↑

 

 

 

 

↓ スキンケアのご参考に